« 富士写ヶ岳 大内~我谷 | トップページ | 主夫の休日の過ごし方の日記 »

2013年2月 6日 (水)

雪山・荒島岳を楽しむセミナー

 

平日の夜。

自宅・職場から遠く離れた場所での開催とあって時間的に難しかったのですが、

バタバタと強引に仕事を上がって、

パンをかじりながら車を大野市へと走らせました。

Photo

無論、先日の遭難事故を受けての開催です。

山岳会、警察、消防の各関係者に、もちろん山岳愛好家・・・

主催者の想定を遥かに上回る参加者が集まった様で会場は超満員。

資料が不足してしまい慌てて増刷をしたものの、それでも足りなかった様でした。

山岳愛好家はやはり殆どが中高年の上の方ですが、

私と同年代かもしくはもっと若いと思われる層も1/4程居た印象です。

 

会は、冒頭

先日の事故で残念ながら命を落とされた方へ

全員で黙祷を捧げる事から始まりました。

 

●県警本部の山岳遭難救助準技能指導官による

  様々なデータに基づいた解説、指導。

 

●大野市消防本部の司令(山岳救助隊員)(特命救助隊員)による

  先日の事故、救助活動の解説、指導。

 

●荒島愛山会の脇本氏より

  「冬の荒島岳から無事下山してくるために」

  過去に参加した捜索活動と事故原因、

  経験に基づいた様々な厳守事項や具体的なアドバイス等。

 

荒島岳に特化した内容でしたが、

その分、コース上の具体的な注意点を繰り返し聞くことが出来ました。

机上のお勉強は苦手な私ですが、

今日ばかりは一言一句漏れる事無く、全てが耳から頭へ入ったと思います。

 

『今回の参加者は、自身の勉強も勿論だが、

この内容をより多くの人に広めて欲しい』 旨の要望が

主催者側からありましたが、

細かな内容や正しいニュアンスを文章で伝えるのは難しいので、

敢えてココには事故そのものの端的な情報や私の主観は極力書かない様にして

今後、友人に会った時などに顔を見ながらお互いに話をしようと思います。

 

ベテランの方々にとっては当たり前の内容も多かったのでしょうが、

各専門家からの過去の事故の検証やアドバイスは

私には大変参考になり勉強になりました。

コース選定にあたっての情報のとりかた、集め方、

やむをえずビバークになる際の行動中止タイミングと場所選定の重要性。

等々、等々・・・。

生死の境を決める最も大きな要因は、自分の判断です。

 

「自分の身を危険に曝す事になるから、そんな時に山に入りたくない

 ベースでの待機班になって正直ホットした・・・」

と、ある時の素直な心を語っておられたのが印象に残っています。

捜索・救助活動に当たられる方々には本当に頭が下がります。

              

質疑応答では、

救助活動やヘリ要請に関わる費用の事や

当事者への事情聴取の件など、

触れにくい、触れたくない人も居るであろう立ち入った話もありましたが、

それらも全てひっくるめて、

それが山の遊びなんだなぁと思います。

ちゃんとそれを自覚して、この遊びの世界を広げてゆきたいです。

これからも気を引き締めて、

冬山を楽しみ続けたいと思います。

山が、自然が、大好きです。

 

そうそう、今日のセミナーの題も、

『  ~を楽しむセミナー』 だった(^^)

 

大変有意義な時間でした。

|

« 富士写ヶ岳 大内~我谷 | トップページ | 主夫の休日の過ごし方の日記 »

コメント

おはようございます!
昨日はお疲れさまでした。ボクもこういった事案が発生した場合、現場に行かなきゃいけない立場なので色々勉強になりました。
それと、先日の遭難については新聞やニュースの報道と違っていたことも分かりました。
ボクも過去に(2月中旬)そのルートを登っていますが、今年の様な雪の少なさでは、相当藪漕ぎも酷かったんじゃないかなと思いました。沢登りでも藪漕ぎしてますしね・・・。
ボクも気を引き締めて、判断をしっかりしないといけないなと思いました。お疲れさまでした!!

投稿: ゲンゴロウ | 2013年2月 7日 (木) 06時37分

ゲンゴロウさんおはようございます!happy01

本当ですね、メディアや人づてに入ってくる情報と、現場で掌握された情報には違いがあるのですね。
その現場の情報・状況を元に何故そういった判断がされたのかとの因果関係が正確に分ることが正しい勉強になるのだなぁと思いました。
同じルート、同月同日の記録であっても、その年その日の天候・積雪量によって全く違う山になるのですね。それが自然。
私もネットなどから情報を得る際には多角的な視野で判断し、情報をよく検証してから参考にする必要があるんだと、注意しなきゃなぁと実感しました。
そして何より、現場で実働される方々への感謝、尊敬です。
お疲れ様でした(^^)

投稿: Fumi | 2013年2月 7日 (木) 07時01分

お、行かれましたか!
行きたかったけど、ジジイは寝る時間なので
泣く泣くあきらめました(苦笑)

どのルートで事故を起こしたのかなあ?
また教えてください~

安全第一、健康第一です(^^)

投稿: YAMA | 2013年2月 7日 (木) 13時51分

YAMAさん、こんばんは。happy01

ねぇ。平日の夜ってのは・・・(^^;)
それでも多くの方が押し掛けていました、安全についてが勿論第一でしょうが、
やはり関心の集まる山なのですねぇ。

今回は夏道の無いルートで雪が少な過ぎた様です。
はい、安全第一!(^^)で、
またどっか行きましょう♪

投稿: Fumi | 2013年2月 7日 (木) 18時31分

今日の福井新聞に記載されてましたねpaper

ゲンゴロウさんと思われる方は分かりましたが
Fumiさんは・・・bearing


席、後ろの方だったのでしょうか?

投稿: taizo | 2013年2月 8日 (金) 18時57分

taizoさん、こんばんはぁhappy01

私が着いた時にはほぼ満席に近かったので真ん中より後ろです(^^)
ちなみに前の方の席はVIPの招待者用です♪

あ、私も一応アノ写真の中に写っています(^^;)

投稿: Fumi | 2013年2月 8日 (金) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550090/56712216

この記事へのトラックバック一覧です: 雪山・荒島岳を楽しむセミナー:

« 富士写ヶ岳 大内~我谷 | トップページ | 主夫の休日の過ごし方の日記 »