« 勝原先生 | トップページ | さぎっちょ »

2013年2月17日 (日)

白山ドッカン山スキー

 

友人との山。

様々な候補、行きたいコースが多くストックされているので、数日間散々迷った。

昨日までが結構まとまった雪になったので、

難コースや長い道程の登山は無理か・・・更に迷う。

結局、最終的に心が決まったのは前夜~今朝。

初めて、スキーで取立山へ行くことになりました。

                    

人気の山。北陸の冬では貴重な久々の好天予報とあって、

間違い無く多くの入山者がある事は予想していたが

8時ちょいの到着で既に駐車帯はほぼ満車。

最後の一枠に入れて良かった。

殆どの皆さんがとっくに入山済。

 

8:20 さあ、行動開始 みっちゃんと。

Img_8911
前夜まで降っていたのに、既に立派なトレースが出来ています。

キャンプ場手前から複数本に分岐。

直登がちになるツボ足のトレースを避け、スキーのトレースを辿る。

Img_8912

標高が下の方は人工林の木立。

Img_8914
トレースばっちり、らくちん♪らくちん♪

・・・って思ってたのは序盤だけで・・・

スキーの先行者は上の駐車場がある方へは向かわず、

夏道の登山道が在る斜面よりも更に北側へと回り込んで行きます。

私の大好きな雑木林の雰囲気♪

Img_8923

越前甲も良く見える♪

が、急登のジグ、ジグ、ジグ、トラバース、ジグ・・・

サラサラ崩れる新雪にシールが思う様に効いてくれなくて、

何度もズルズル滑ったり、ジグの切り替えしに難儀した。

初めての雪山挑戦でドカ雪の新雪取立に登った時の事を懐かしく想い出す。

あの時はワカンだったケド、同じ様に、崩れる急登で

コース取りもさっぱり分らず、只々必死に突っ込んでヘロヘロになったっけ。

今は、

随分気持に余裕を持って楽しめる様になった。

 

汗だくで、何度も水分を採りながら頑張って、

ようやく尾根道への合流にやってきた。 10:30

Img_8924

登り上げると視界が広がって、爽快感!

先行のスキーヤーにラッセルのお礼を言い、

再び歩き易い高速道路に乗って、快調に進みます。

Img_8926

                
        

よし!ラッセルの先頭が見えたぁ~♪

Img_8931

先行者は皆ワカンとスノーシュー。

深く柔らかい新雪、

穏やかな傾斜では、やはりスキーの浮力と速度に分がある。

グングン差が詰まってゆくが、

細い尾根に向かう大人数の列。抜こうか抜こまいか・・・

Img_8932

私よりも御年配の方々ばかりの様だが、

歩みは全く止まらず、ガンガンとラッセルをしています。

奮闘する先頭の方の姿を見ていると、

このまま後ろで楽をさせて貰うのは心苦しい。。。

でも、スキーの踏み跡はツボ足の方々には邪魔にならないか?

ここまで来て、まっさらの雪面を掠め取る様に前へ出てしまうのは

何だか非常に申し訳ない気もするし。。。

 

迷いながら、やや渋滞気味で後ろを行く内に、痩せ尾根に詰まってきた。

Img_8935
ここでみっちゃんに喝を入れられて、

左からぶっ飛ばして一気に前へ出る。

皆さんを抜く度に何度もお礼を述べたが・・・何か、複雑な気分。

美味しいトコ横から取っちゃうみたいで。

本当に、ラッセル有難うございましたぁ!

 

さあ、ここから先は気持ちの良い新品の雪面♪

ガシガシ歩く!

Img_8938
やっぱ、辛くても、先頭を行くのも雪山の醍醐味!これが無きゃね。

この景色を眺める感慨が目減りしちゃう。

Img_8939

               
       

雪面の向こうに白山が大きく見えてきたら・・・

Img_8940
頂上到着ー! 11:00

Img_8941
オヤツにしようか、早目のランチにしようか・・・悩みながら

テーブルでも作ろうかと地均しを始めたけれど、

ここはやっぱ風が通る。

後続がドンドン登ってきて宴会場になりそうな雰囲気だし。

向こうへ下ってから考えましょう♪

シールを貼ったまま広大斜面を滑り下りて、

原高山方面へと進む。

Img_8948
頂上で休憩せず先行したツボ足2名に追い付いて軽く会話を交わしたら、

疎林を抜けてラッセル!ラッセル!

Img_8949

やっぱ新雪は気持ちイイや♪

 

11:30 原高山の小ピークに登り上げて、

再び見えた白山は更に大きさを増している。

Img_8954

板を脱ぐと膝上~股まで埋まる程の新雪。

 

大きな樹の脇、落ち着く窪地でランチタイム。

完全にまったりモードになってしまって、

「今日はもうココまででいっか♪」

Img_8970

少々ダラダラと過ごしてしまった。

 

好天予報に青空を期待してやって来たが、

残念ながら高曇り。

明日からは直ぐに下り坂なので、太陽に暈(はろ)が掛かっている。

Img_8963
   

の~んびり休憩を終えて窪地を出ると、

ツボ足2人組は更に先へ行った跡があったが、

鉢伏には登っていない模様。

 

白山に名残を惜しみつつ、

Img_8953

さあ、引き返すかな・・・って振り返ると

下界から霧?まるで雲海の様なガスが上がってきていて

取立山が隠されてゆく最中だった。

Img_8971
スゲー!綺~麗~♪ って見とれちゃうケド、

12:40 戻り始める。

鞍部の平地へ下りる頃にはガスが濃くなってきて、

Img_8979

ありゃ!ホワイトアウト!

Img_8981
まあ、降雪や吹雪じゃなくて、トレースは消えないから安心。

 

のんびり進む。

 

「アイゼン要るかなぁ?」 ってみっちゃんに聞いたら、

「こんなんでそんなモン要らんわぁ!」 って笑われながら

再び大きな斜面を登り返す。

 

頂上に戻ると再び雲海の上。 13:05

Img_8982
小便など済ませたら、いよいよシールを剥がして

『滑るぞ~』 って感じなんだけど、

頂上~尾根一帯、新雪は殆ど食い荒らされた後でした。。。

徐々にガスは流れて消えつつありますが、

いまだ雲海に浮かぶ尾根の眺めが素敵でした。

Img_8988

さあ、ボチボチ行きましょうか。

Img_8989
山スキー初心者の私、

当然、尾根を外れる地形にも慣れていませんから

登山者のトレースから大きく離れるルートは取り難い。

もう・・・この尾根はグダグダです。

Img_8990

地形が広がってくるとようやく期待が膨らみますが、

Img_8993

やはり尾根はトレースの脇を滑ってゆくだけ。

しかも、スキーヘタっぴの私、傾斜が緩いと直ぐに板が潜って止まってしまう。

トラバースが下がり過ぎて、横歩きで戻るハメになる。

傾斜が強けりゃ強いで、狭い尾根でコントロールが間に合わなくて

トレース横に突き刺さる(TT)

歩行トレースの段差で、面白いように転がされる(TT)

 

山では、

ゲレンデで出来る事の十分の一も出来ない。

国見岳や勝原では出来たつもりの事が、似た様な斜面の場所でも、

なぁ~んにも思う様に出来ない(TT)

自分がこんなに酷いとは思いませんでした。

              
    

どんより落ち込んだ処で、MA310さんとバッタリ。

Img_8994

少しお喋りしてサヨウナラ。^^

 

気を取り直して、尾根から下の斜面へと入ります。

Img_8995

相変わらず転びまくって、イッパイイッパイで視野が狭い為、

地形や樹林の空間に合わせたコース取りが出来ずに、

連続の滑りを繋げられなくて、

止まって横移動をしたり・・・

Img_8996

まあ、とにかく、

縦横無尽に付いている歩行のトレースに一々引っ掛かって、

上手くクリアしたり避けるコース取りが出来ず

(視野が狭い・地形が読めない)

てか、やはりそもそもスキーが下手糞過ぎる!

下りなのに、何故か汗だくで必死でした(笑)

無駄な力を使いまくって、足はヘロヘロ、腰はヒケヒケです(TT)

Img_8997
みっちゃん、写真が本当に上手で、

私がそれなりに見える瞬間を上手く捉えてくれます。

まるでヤラセ写真です。^^;

Img_8998

実態は・・・

コケルと起き上がる気力が湧くのに時間を要する程のヘロヘロ度でした。

Img_8999

ああ、、、気持いい。。。このまま寝たい。

 

林道に出る頃には、精魂尽き果てて・・・

必死にみっちゃんを追う。

Img_9000         

 

14:20 失意の帰還です。

Img_9001
あああああぁ~~~~~

また頑張って練習しなきゃぁ(TT)

 

今日は山猿gotoさんたちのパーティーが甲に入るとの事で、

そちらのトレースに甘えて勉強させて貰う選択種もあったのですが、

きっと行かなくて正解(TT)

自分が山でこんなにも何にも出来ないとは思わなかった。

 

良い勉強になりました。

 

みっちゃんに、

「悔しくて今夜は布団を濡らしちゃいそう?(^^)」 って言われました。

・・・(TT)みっちゃん、濡らすのは『 ま・く・ら!』

布団を濡らしちゃぁ、オネショだよ・・・(ToT)

 

でもやっぱ、

山は楽しいね♪

がんばるぞー!!!

|

« 勝原先生 | トップページ | さぎっちょ »

コメント

取立に行ってたんですネ!
日曜日は天気も良く雪質も最高だったろうな~と羨ましく思いました(土曜も雪は良かったけど)
これからもスキーいや山スキーの修行に励んでくださいね!!
原高山静かそうですね。

投稿: ゲンゴロウ | 2013年2月18日 (月) 12時18分

ゲンゴロウさん、こんにちは。happy01

散々悩んだ挙句、取立山スキーに落ち着きました。
ゲンちゃんからの電話が無かったら、深雪ラッセル登山へ突っ込んで酷い目に遭ってたかもです(笑)
まあ結局、スキーヘタクソの私は取立でも酷い目に遭いましたが(TT)
でも、全然嫌にはならず凄く楽しいので♪頑張って修行します!
原高山のランチテラスは、風も無く本当に快適でした。^^

投稿: Fumi | 2013年2月18日 (月) 12時57分

昨日はありがとうございました
体力アリアリのFumiさんがあんなに汗びっしょりで
疲れ果てている姿は初めて見ました
面白かったです(^^)
でも笑ってられません、私も負けずに頑張らなきゃ!
良きライバルとしてこれからもよろしくお願いします
またどこか行きましょね
今度は写真撮ってね(^^)

投稿: みっちゃん | 2013年2月18日 (月) 15時06分

みっちゃん、こんばんは。happy01
こちらこそありがとうございました。

だって・・・
コケて板が雪の中に入ってしまうと、あんなに中々脚が抜けなくて大変だなんて(TT)
柔らかい雪面の中から抜け出して立ち上がるのがあんなに困難で体力が要るとは!
あ、面白かったですか?^^;
喜んでいただけて何よりです。

そうですよ!
私の山スキーは、みっちゃんがライバルです!
がんばるよp(><)q

投稿: Fumi | 2013年2月18日 (月) 19時49分

お久しぶりでございます♪
自転車でもなかなか会えないのにまさかの取立山でばったりw
勝原よりもこちらの方で練習した方がいいんじゃないかしら?
薮も少ないし。

投稿: MA310 | 2013年2月18日 (月) 22時10分

Fumiさん、おはようさん♪
山スキー本格デビューおめでとさん!
これで、少しはイライラが治まったかな(笑)

パウダーや悪雪は私もまだまだですよ(^^)
私は何十年もかかっているかも(汗)
ゲレンデで練習がいちばん上達の近道ですよ。

登りも、急斜面やアイスバーンでのキックターンは
練習が必要。下手だと意外と疲れるんですよ。

技術が上がれば、楽しさ倍増(^^)
一度見てあげたいんだけど...
早めに連絡してね!

投稿: YAMA | 2013年2月19日 (火) 06時14分

MA310さん、こんばんは。happy01

ホント、まさかのばったりでしたね。^^
私は、疲労困憊でバッタリ・・・
何にせよ、とにかく練習が必要ですわぁ~~~(T。T)

投稿: Fumi | 2013年2月19日 (火) 18時32分

YAMAさん、こんばんは。happy01

まあ何にせよ、とにかく練習が必要です(^^;)
(今後定型句になりそう。TT)

新雪急斜面だとジグの切替しも時間が掛かりました、
あの場面だと、絶対にワカンの方が早かったです(笑)
登りもラッセルも自信があるとまでは言いませんがそれなりに頑張れます。
しかし、滑る技術は
幾ら頑張っても、そう簡単には上達しないものなんだんだとヒシヒシと身に染みて感じ始めています。
周囲の皆さんを見ていて、その皆さんのスキー歴やこれまでの活動等を見ていれば
数年で思う様に滑れるようになんて・・・絶対に無理だと分ります。

まあ何にせよ、とにかく練習です(--;)

投稿: Fumi | 2013年2月19日 (火) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550090/56787303

この記事へのトラックバック一覧です: 白山ドッカン山スキー:

« 勝原先生 | トップページ | さぎっちょ »