« 主夫の休日の過ごし方の日記 | トップページ | 勝原先生 »

2013年2月10日 (日)

今日も主夫の休日

 

今日も主夫。

朝食には冷凍ピザをオーブンで焼いたが、男児二人で平らげてしまった。

後から起きた長女と私の朝食が無い。

鍋にダシを作って冷蔵庫の冷御飯を入れて、

カブの葉を細かく刻んで、最後は溶き卵で雑炊を仕上げる。

その後、

長女が学校の先輩・友人と遊びに出掛けるとの事で

私が各々をピックアップして春江駅まで送り届ける係だった。

おシャレして楽しそう。娘もそろそろ青春真っ只中。

               

昼に帰宅した妻が昼食を作ってくれて、

暫しノンビリとした時間を過ごしたら、午後からようやく私の自由時間。

 

限られた時間、行き先に悩んだら、

今日も自宅から20分。国見岳♪

家を出る時には雨だったが、山に入ればみぞれ~雪だろう・・・

そう期待して車を走らせる内に、空模様は期待以上の好転で、青空!

今日は奥平集落の方々が何処にもお出掛けしなかった様で

アグリパークへの分岐から奥は轍が無かった。

ドキドキで急坂に突っ込み、いつ止まるかと不安になりながら、

どうにかこうにか奥平集落センター前へ到着。

13:34 いつもの様に、除雪終点より入山。

Img_8829

国見岳は、山遊びの対象としては余程人気の無いマイナーな存在と見えて、

いつ来てもリセットされた綺麗な雪面。

完全な貸切だ。

トレースの無い中を自分の自由に進む快感。

マーキング(放尿)も、何処でも好きな場所で仁王立ちでOKだ。

 

13:42 ゲート前

Img_8831
昨日~昨晩は平地でもそこそこ降っていたし、かなり期待してやって来たが

残念ながら雪の量は1/20日に来た時より全く増えていない。

降っていない訳ではない、

例年ならこの標高でもガードレールの存在が分らない位の積雪なのに、

今年はやはり高温続きで、かなり融雪が激しいのだろう。

でもまあ、昼まで降ってた雪のお陰で、雪面は純白で美しい♪

 

今日のゲート一番乗りは・・・どうやらキツネさんのようだ。

Img_8832
    

上の田圃へ上がって、雑木林の尾根でショートカットして薮を進む。

今日は新しい斜面を歩いてみたくて、

そのまま上の尾根には取り付かず、幹線林道で南側へ回る。

 

今までは薮に同化していて目に入っていなかったが、

霊水の鳥居の手前に、何やら穴が見える。 14:08

Img_8835
何だ?祠だね。何か祀って在る。

Img_8836

ここで既に汗だくなので、水が物凄く美味しそうだが、

持参した飲料を補給。

Img_8839

 

使い慣れた尾根を更に南へ回り込んで、

エントリー可能な斜面が現れたら取り付く。

今日はココから。

Img_8840

南斜面で雪が少なく、

急な箇所はズルリと雪が剥けて下の草むらが露出した。

強引に登ってゆけば、やがて雰囲気の良い尾根に合流する。

Img_8841
天気はコロコロと変わり、悪化気味でガスが出てきた。

 

複数の支尾根がやがて1本に集合して歩き易い森になる。

Img_8842
これがブナ林なら最高なんだケド。

でも、人工林は下草刈がされているので快適。   

Img_8846
尾根の最上部は雑木林になって

Img_8848

頂上部に出る。

上は風が強い。14:41

Img_8850
西の空には厚い雲が迫ってきていて、雪が降り始めた。

下界で遭う雪や雨は辛いが、山の中だと然程嫌ではない。

でも、風は嫌。行動中止。

キャンプ場のログハウスの陰で休憩にする。

Img_8853

気持ちの良い新雪だが、水分の多い?新雪歩行はダンゴが出来やすくて

板が重くなる。

Img_8856

前々から分っていたし、アドバイスも受けていた事。。。

シールにもワックス塗っとかなきゃ(^^;)道具の手入れは大切だね。

頑張って雪を落として、

シールを仕舞って、固まった雪で上手く機能しないビンディングを復活させて、

わくわくしながら板を履く。

 

小屋の裏の北斜面へ、 14:49

Img_8857
ふかふかの新雪♪

ここは本当に気持ち良かった。

気持ち良い部分を味わい尽くそうと思うと下へ行き過ぎてしまう。

尾根に戻ろうと思うと登り返しが必要になるので、

名残を惜しみつつ右へトラバース。

今度は、このまま谷の中へ滑って谷筋から林道へ戻るコースを研究しよう♪

               

人工林の尾根に戻る。

Img_8860
標高が下がってくると、ふかふかの部分が減って

絞まって凍った根雪の上に、新雪は10cm程しか無い。

傾斜が強い箇所で強引に曲がろうとすると、横向きのままズルリと滑る。

Img_8862
         

いつもの場所で尾根から林道へと下りて・・・

Img_8864
相変わらず綺麗な軌跡は描けないけど、

どうにかこうにか・・・いつの間にやら・・・

長い板でこんな山へ入るのにも大きな覚悟は必要なくなって、

気軽に楽しめる様になってきた。

今日は私には珍しく転倒も無し。

躊躇無く藪へ突っ込む事も増えてきたからか、

今日は顔に傷が付いた(笑)

 

コロコロ変わる空模様は再び穏やかになってきて、

の~んびりと楽しみながら戻る。

Img_8865

15:21 ゲート帰着。

Img_8867
2時間のお手軽コース。

Photo

もっと大きな山へ行ければもっと幸せなんだろうけど、

気が向いたらフラリと行けて、

主夫の合間にもこんな遊びが出来る環境に居られる自分は、

かなり幸せ♪(^^)

 

海も・・・山も・・・ 福井は素晴らしい土地だ。

 

 

『今夜はゆっくりしたぁーい!』 お嫁ちゃんのリクエストで、

早目の晩御飯を済ませたら、家族みんなで

ココも自宅から20分♪ 『 大江戸温泉物語 』

Img_8870_2

完全にリピーターです。

Img_8871

露天風呂やサウナで長々と昼間の疲れを癒して、

ぐったり、ダラリとなって、

とりあえず1本。

Img_8873

超ゆ~っくりペースの女子チームを待って、

卓球大会♪

Img_8891

トイレでも遊んじゃったり♪

Img_8878

そんなこんなで、

〆はやっぱり漫画部屋。

Img_8893    
     

 

良い感じにストレスが抜けた休日でした。

 

めでたし。

|

« 主夫の休日の過ごし方の日記 | トップページ | 勝原先生 »

コメント

もっと大きな山へ行ければもっと幸せなんだろうけど、
気が向いたらフラリと行けて、主夫の合間にもこんな遊びが出来る環境に居られる自分は、かなり幸せ♪(^^)

上記のフレーズは、すごく考えさせられます。
下をみればきりがない、上をみてもきりがない。

でもネット社会で、いろんな記録を見てしまい
意味もなく、イライラ。

しかしそもそもどんな山でも行ける事自体に
感謝をしなければ、ですね。

ほんとに家族が健康であることのありがたさは
この頃、強く感じるようになりました。
→もう歳ってこと?

投稿: goto | 2013年2月11日 (月) 17時17分

gotoさん、こんばんは。happy01

恥ずかしながら、ネットの記録を見てイライラするのは私も全く一緒!
てか、私の方がイライラ度が酷いかも(笑)
ホント、目に毒な情報が満載の時代ですねぇ(^^;)

私もイイ歳になってきたので(笑)
飲みすぎたり夜更かししたりすると
てきめんに翌日に響く様になってきました(TT)
体調+天気、そして家族の了承!
気持ち良く出動できるには色々とハードルがありますね(TT)
山遊びは、障害物競走の勝者のみが味わえる快感かもしれません(TT)

え、え~っと(^^;)
そ、そうですね、
上も、下も、キリが無いです。
感謝を忘れずに、与えられたチャンスを目一杯楽しみきりたいです!!!happy02

投稿: Fumi | 2013年2月11日 (月) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550090/56739082

この記事へのトラックバック一覧です: 今日も主夫の休日:

« 主夫の休日の過ごし方の日記 | トップページ | 勝原先生 »