« 長男と白山 (その2) | トップページ | 長男と白山 (下山編) »

2012年8月19日 (日)

長男と白山 (その3)

   

黒ボコ岩から先は、台地的な弥陀ヶ原に出ます。

ここでようやく、目指すべき頂が デーンッ! と見えます。

34

(父)「あそこまで行くんやぞ~(^^)」

(子)「えぇ~~~とおいなぁ!(><)」

(父)「ほれ!見えるやろう?あの白いの雪やぞ。」

(子)「おぉぉぉ♪ゆきさわりたい!行きたい!しゃしんとるぞー♪」

頂上まで行けたら、お池巡りの方へ行って、雪渓を見に行こうか。

   

雄大な景色の中、木道歩きは気持ち良い。

遠くへ目をやると、

ふわふわモコモコと見えるあれは、チングルマの綿毛かな?

36

      

昨年は全く駄目だったナナカマドの紅葉ですが、

今年はたっぷりと実が付いていて、葉もピンシャンとしていて、期待できそう。

既に色付き始めているものもありました。

35

    

長男は自分のDSをデジカメ代わりに雪渓の写真を熱心に撮影。

37

「帰ったらじまんするんじゃ!」

   

ちょっぴりキツイけど、振り返ると素晴らしい眺め

五葉坂をやっつけて、

38   

9:14 室堂到着

39

山荘前も、ナナカマドの木には実が鈴生り。

40

昨年は葉が紅葉せずにチリヂリに枯れて、全く実が無かった。

酷暑が駄目だったのか? 極端に急な冷え込みが駄目だったのか?

今年こそ、真っ赤な実と真っ赤な屋根の写真が撮れるかな?

紅葉登山が楽しみだ。

   

さて、お昼には早いけど、お腹がペコペコ。

何か食べよう。

41

この頃から、岐阜県側からガスが沸いてきて、

山頂が隠れ始めた。

   

休憩したら、ちゃんとお賽銭を御上げしてお参り。

42

(父)「何参った?」

(子)「うん?さんちょうまで行けますように。」 

私は、

『どうか、ガスが晴れて景色が見えますように。。。』

  

さあ、頑張ってね!

45    

『 イワギキョウ 』

43

『 ハクサンフウロ 』

44   

   

コロコロと風の動きが変わる。

風っていうより、上昇気流なのかな?

岐阜県側の雲が退いたかと思ったら、今度は石川県側から押してくる。

下方へ遠のいてゆく室堂の眺めが、みるみる白く覆われ始めた。

46

あ~・・・

47

こんな感じは、まだまだ夏山だね。

自分達の周囲も白くなり始めた。

48

風は然程感じないが、冷えてきたので子供は上着を着る。

    

「おとうさん!やばいぞ!しんぞうがバッコンバッコンする。」

大人の私でも辛い。

やはり子供も苦しくなってきたとみえて、

初めての経験だからか、深刻な表情で何度も『しんぞうバッコン』を口にする。

(笑)ゆっくり、休み休み行こう。時間はたっぷりあるよ。

49

何度も何度も腰掛けて休んだ。

その度に、追い抜いてゆく方々が子供に声を掛けてくれる。

この頃には、

長男も自然と、行き交う人に自分から挨拶をするようになっていた。

「こんにちわぁ。」

なんだ、まだまだ元気じゃん。^^ 顔色も良いし、呼吸だって全然荒くない。

50

まあ、いいよ。無理せず行こう。

  

長男、腕を伸ばして手を広げながら、

「おとうさん、雲が手にさわるぞ!」

雲?霧? (^^;)まあいいや(笑)

      

声を掛けて下さった方が、「写真撮りましょうか?(^^)」

「あ、お願いします♪(^^)」 

51

振り返ればほら、もう上の方にはお宮さんの石組みが見えてるんだよ。

あそこが頂上。

もうちょっとなんだから、がんばってよ。

重い腰を上げさせて、

さあ、もう一息!

52    

あー・・・づかれだぁ~~~

つ、着いたぁ~~~  10:26

53

よく頑張った!エライぞ!(^^)

   

無事に来れてありがとうございました。

無事に帰れますように。

54

   

頂上は大混雑

55  

標柱の前の列に並んで、

皆交代交代に次の人にカメラを渡して、

「おねがいしまぁ~す。」

「はぁ~い。撮るよ~。」

「ありがとうございましたぁ。」

さて、我々も

56

やったぁーーー!!!    ( 御前峰頂上 2702m )

    

残念ながら、

周囲の絶景は見せてあげられなかったけど、

今回はこれで充分。

ヘタレだと思っていた長男が、本当に良く頑張ってくれた。

大満足。

頂上からの絶景は、また今度、一緒に見に来ようよ。

   

   

下山編へつづく。

|

« 長男と白山 (その2) | トップページ | 長男と白山 (下山編) »

コメント

Fumiさん、おばんです♪
1,2と続いたので3もあるかと思っていたら、
なんと下山編も(笑) いやはや、途中の会話まで
よく覚えてますねえ。ロートルはすぐ忘れて
しまいます。トホホ...

さすが白山、まだ花がいっぱいですね。雪解けが
遅かったので、開花も少し遅かったのかも?

美味しい水のお土産、子供らしくていいねえ。
コーヒーをいれると美味しいでしょうね。

ネタてんこ盛り大作に、乾杯!

投稿: YAMA | 2012年8月21日 (火) 20時30分

YAMAさん、こんにちは。happy01

朝の出発から帰宅後までず~っと、未だ鮮明に覚えていますよ。^^
良い思いでが出来ました。
私は楽しく余裕を持って楽しめましたが、
彼にとってはどんな思い出なのか・・・(^^;)

ホント、花が多くてテンション上がりました♪
黒ボコへ向かってのつづら折は、
お花畑と青空のコントラストが素敵でした。^^

な~るホド!コーヒーは思い付きませんでした。
あの場所で汲んで、山の上でコーヒーってのもいいですねぇ。(^^)

紅葉登山も楽しみです。^^

投稿: Fumi | 2012年8月22日 (水) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550090/55474698

この記事へのトラックバック一覧です: 長男と白山 (その3):

« 長男と白山 (その2) | トップページ | 長男と白山 (下山編) »