« 取立山~鉢伏山~大長山 往復 | トップページ | 奥平 6本目 と、庭 »

2012年4月10日 (火)

今朝の庭

とっても良い天気ですが、

山の疲れが抜けず、朝練も自転車通勤も休みです。 完全休養日。

  

出張などがあって、庭に出たのは1週間振り位でした。

カタクリの花弁は力無く垂れていて、もう今年は終わりです。

  

水仙も、越前水仙の様な野生種に近いものは既に終わりですが、

園芸種のラッパ水仙はようやく咲きだしたところです。

Img_1428

越前水仙の様な強い香りはありません。

  

他の黄花では 『 レンギョウ 』 が満開です。

Img_1417

冬が明けてから剪定してしまったので、今年は花が少ないです。

   

美しいグリーンの 『 シュンラン(春蘭) 』 が咲きました。

Img_1413

福井の低山にも自生する野生のランです。

  

水耕栽培などで窓辺に飾ったりする 『 ヒヤシンス 』 ですが、

そうすると、1シーズンで球根を使い捨ててしまうことになり、少し可哀想です。

外の土に植えておくと、植えっぱなしでも毎年出てきて咲いてくれます。

Img_1426

花数は少な目になりゴージャスな雰囲気は無くなりますが、

自然の花に近い姿になります。

  

同じ様な花の雰囲気の 『 チオノドクサ 』 も今が満開

Img_1422   

  

花期の長い 『 クリスマスローズ 』 が、庭のあちこちで咲いています。

Img_1412

クリスマス~と言いながら、花が咲くのは雪解け後です。

Img_1420

鉢植えで販売され、そのまま楽しまれる方が多いですが、

他の花と比べて、上部の見た目の割には根の生育が旺盛で深く多く張ります。

鉢のままだと1~2年で直ぐに根詰まりを起こして弱ってしまう。

逆に、地植えにすれば年々大きな株に育って花数も増えてゆきます。

世話は全くしなくても大丈夫。強健種です。

  

最近も誤食事故があった春の山菜。

左が食用になるニリンソウ。右が有毒のトリカブトです。

Img_1421

こうして見比べれば違いは分りますが、

食用目的に摘むのはもっと若い葉なのでしょう。間違うのも無理はありません。

もちろん、我が家ではニリンソウも観賞用。食べません。

株元に蕾が出来ていました。

大好きな山野草。開花が楽しみです。

  

こんな小さな楽しみの積み重ねが、朝の大切な時間です。

|

« 取立山~鉢伏山~大長山 往復 | トップページ | 奥平 6本目 と、庭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550090/54437929

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝の庭:

« 取立山~鉢伏山~大長山 往復 | トップページ | 奥平 6本目 と、庭 »