« エンゼルゲレンデ2012 | トップページ | 今朝の庭の物想い »

2012年2月 5日 (日)

国見岳周遊

   

昨晩は妻が女子会へ出動。

私は送迎係を仰せつかってしまったので、

仲良し奥様方五人衆をピックアップし、居酒屋へ送り届けます。

毎週のように好き放題遊ばせてもらっているので、これ位は仕方無い。

急いで戻って子供の世話。夕食、風呂、湯たんぽ準備、寝かしつけ。

最近平日は酒を飲まないので、週末の夜が楽しみなのに、今日はそれもダメ。

『一体いつになったら電話かかってくるんだろー・・・(--;)』

待たされ、待たされ・・・結局・・・御前様 (TT)

奥様達を配達し終えたら、

お嫁ちゃんがお礼をしてくれると言うのでコンビニデートへ行ってお酒を買って貰う♪ ^^

帰宅後に飲み食いし始めちゃったので・・・寝たのは・・・何時だ? ^^;

  

11時頃にどうにか起床。ゆっくりたっぷり食事を採りながら打ち合わせ。

子供達を連れてスキーのつもりだったけど、

バレンタインの準備やら、皆それぞれ色々あるそうで、

「行かなーい。」 とのこと。

それならば・・・

急いで準備して、頭の中で妄想していた遊びへ出発です!

(某先生に、『遊んでばかりいないでちゃんと練習しなさい!』 と叱られそう。^^;)

  

止まるぅ~!止まるぅ~ とか思いながら、

雪深い山道をどうにか奥平集落までやってきて、

先週に引き続き、集落奥のココから入山。(12:50)

01

明らかに先週よりも雪が倍増しています。

でも今日は大丈夫。装備の忘れ物は無し。

短い方の山板で、人生初のシール歩行です♪

  

『なっ!なんじゃこりゃーっ!』

超楽ちんです!ツボ足みたいに頑張らなくても、スイスイ行ける♪

一体今までの・・・先週の激発汗激ラッセルは何だったんだ・・・。Orz

カルチャーショックとも言うべき衝撃でした。

楽しい♪楽しい♪

あっという間にゲート到着。

02

  

何だか、いつも以上に余裕をもって周囲を観察できます。

今日は野生動物の足跡も多くて面白い。

03

左端の、二つづつ行儀良く並んでゆくのはたぶんテン。

次はイノシシかなぁ?でも後ろ側の蹄の跡がほとんど無いからシカ?

次の二枚はノウサギ。これは分かり易い。

縦に並んだ二つが前足で、横に並んでいるのが後ろ足。

前脚をついた更にその向こうへと後ろ足を伸ばして飛ぶので、

進行方向に向かって、後ろ足の方が前へ前へと跡が残る。

右端のは、う~ん、キツネかなぁ。

  

林道脇の斜面は傾斜が急なので、

先週と同じ谷筋から道を外れて登り始めます。

04

ツボ足なら、とにかく直登!が基本の私ですが、

板を履いての急傾斜はそうはいきません。杉林を縫ってジグを切ります。

上の田圃へ上がって、

相変わらず美しい雪原の風景にうっとりします。

05

こんな場所を歩けるなんて、何て幸せ!

06

田圃の向こうからは、いよいよお楽しみの雑木林です。

07

ツボ足の様に小回りが利きませんから、

視野を広~くとって、コース取りをイメージしながらジグザグに行きます。

ルンルン♪の今日は、景色もより一層美しく感じられて楽しい行程が続きます。

08

『おっ!バームクーヘン。』

09

先週よりも積雪が増している分、藪の煩わしさも半減していました。

10

ジグザグ、ジグザグ・・・

  

『わははー!なんじゃこりゃ!^^ ばんざーい!』

11

一体何の木の芽だろう? ^^

ばんざい星人がたぁ~くさん♪

12

ほんと、森はいいねぇ。

  

(14:11)頂上部の広場へ出た。

13

しばし景色を眺めながら小休憩。

福井市中心部、足羽三山。

14

日野山方面。

15

  

その後、だらだらと長い頂上部を南へと歩きます。

16

自転車で上がってくるいつもの風車の下へ。

17

頂上付近の積雪量はこんな感じです。

18

  

更に南へ進んで、 今日は隣の峰にある大日神社を目指します。(14:32)

19

ここから尾根伝いに林道がつけられています。

20

アップダウンを繰り返しながら、黙々と歩いて・・・

(14:48) 大日神社到着。

21

小銭を何枚も何枚も奮発して、

派手に大きな音で拍手を打って、真剣にお参り。

22

今年もヒルクライムに打ち込みます。

またこの山に、練習に通わせて頂きます。

事故等ありませんように、良い結果が残せますように・・・。

  

こんな山奥のこんな場所へ、

雪に閉ざされる数ヶ月間の間に、やって来るのはたぶん私だけ。

こんな奇特な男の願いですから、

間違いなく神様に届いたはず。

  

23

    

すっきりとした気持ちで、帰る道へと振り返れば、

この峰からは日本海が美しく見えます。

24

再び黙々とアップダウンをやっつけて、

25

基幹林道へ戻って更に南進。

26

頂上部を脱したら、

そろそろここらでいいかな・・・

27

シールを剥がして、

あとはの~んびり林道を滑って帰るつもり・・・

がっ!

自転車ではあんなに急に感じる坂道も、

せいぜいこんな勾配では

28

スキーにはユル過ぎです。

歩行モードにした方が早い。(TT)

もっと雪が締まってきて、長い板ならば快適クルージングなのかも知れませんが

柔らかい雪面に短い板では全然ダメ。

大きく目論見が外れました。

林道に嫌気がさして、杉林の中へとドロップイン!

29

今日、ココが一番楽しかった♪

柔らかい雪のお陰で、思ったよりも難なく楽しめた♪ ^^

林間の滑走って、ドキドキ感と、木の脇をすり抜けるスピード感と・・・楽しい♪

が、

楽しい時間は短い・・・。

あっけなく林道に合流してしまった。

ここから先は暫く斜面に入れない。ここで滑り降りてしまったら登り返す事になる。

山の南側をグルリと迂回している道のため、

奥平集落へと向かう斜面に出るには、尾根を五つ六つと回り込む必要がある。

『あ~・・・遠い。。。』

30

再び斜面を滑れるのは、あの尾根の向こうの向こうの向こうの・・・(TT)

  

忍耐、忍耐の林道歩行が続きます。

31

帰りにこのルートを選択したのは大失敗。

次は絶対に!最大限に斜面を繋いで帰るルートにするぞ!

地図でしっかり研究するぞ!

  

つまらん、つまらん。

  

とっても疲れるので、休み休み。

32   

霊水の場所を過ぎると、

33

ようやく!待ちに待った尾根に出る。

34

この尾根から向こうの斜面なら、車を停めた奥平集落へと下れる。

  

やれやれ・・・

林道歩きで疲労困憊で、

思わず板を脱いで寝転がる。

35

今日初めての大休憩。

携行してきた水分1Lはとっくに底をついている。脇の雪をつかんで頬張る。

疲れすぎて、補給食を口にする気は起こらない。

  

楽しいシチュエーションって凄く大事だ。

辛い筈の登りはあんなに楽しかったのに、

楽な筈の下り林道で疲れ果てた。かな~り嫌になった。

楽しめるコース内容は、本当に重要だ。

実感。

  

さて、

サングラスをして、

待ちに待った雑木林!藪への突っ込み!

いざ~♪

  

おぉ♪

思っていたよりはちゃんと進めるね♪

途中、一回だけ木に抱きついたけど(笑)

転倒は無しで、無事に田圃の雪原まで出た。

  

楽しい時間はやっぱり短い・・・。

  

あ~・・・

今日もいっぱい遊べたなぁ。

36

疲れてるけど・・・まだ帰りたくないなぁ。

自転車でもそうだけど、

その日、その遊びが楽しければ楽しいほど、

日が傾きだしてゴールが近付くこの時間帯は、

寂しくて仕方が無い。

  

林道をショートカットして斜面を楽しみながら、

とうとうゴール。。。 (16:56)

37

  

ありがとうございました。

  

山の神に感謝。

  

  

  

  

帰りのコース(斜面)をちゃんと検討すれば、

1時間は早く、楽に下れると思います。

林道に嫌気がさしての、予定外の林間滑走でしたが、

心配していた程には難しくなく、それなりに楽しめました。

ただし、長い板ではそうはいかないでしょうが。^^;

  

今週中に、長い方のシールに糊付けして、

次は♪

きっと痛い目に遭うのでしょうが、ワクワクします。

夢はどんどん膨らんで・・・

  

あ、

某先生!

ちゃんとゲレンデ練習も行きますからね。^^;

ナイターでね。^^;

  

  

今日はだいたいこんなコース

|

« エンゼルゲレンデ2012 | トップページ | 今朝の庭の物想い »

コメント

Fumiさん、おはようさん♪
おっやはり国見岳! たぶんそこだろうと
思ってました。デビューオメデトさん♪

フリーベンチャー(フリートレック)は初心者でも
曲がりやすくて扱いやすい板です。急斜面に
強いんですよ。欠点は緩斜面に弱く、振動の影響を
受けやすいです。コツは思い切って急斜面を選んで
下さい。藪山では威力を発揮します(^^)
でも、これに慣れると長い板に乗れなくなるので
ご注意を!

練習、練習、練習!
安全装備とリフト代は覚悟しましょう(笑)
ファイト~

投稿: YAMA | 2012年2月 6日 (月) 05時36分

YAMAさん、ありがとうございますhappy01

自宅から20分。思い立ったら直ぐに雑木林の山。
癖になりそうです。^^

それにしても道具って凄いですね。
長い板だともっと重くて、歩行やハイクアップも大変なのでしょうが、
あんなに楽に登れるとは驚きでした。

急傾斜の杉林を、思いのほか気持ち良く滑る事ができたのも
やっぱ道具のお陰なんですね(笑)

次はもう一度短い板で、コース調査をしっかりしてから、
その次には長い板で・・・
な~んて妄想しています。^^

で、練習なんですね。^^;は~い。

投稿: Fumi | 2012年2月 6日 (月) 12時36分

山スキーデビューおめでとうございます☆
早くも突撃しちゃいましたか~
さすが行動力ありますね(^^)
シール歩行は楽だったでしょ?
もうワカンは要らなくなるかも~
色んな発見や驚きが楽しそうで、自分のデビューの時を思い出します(^^)
神が宿るそれらの板なのでしっかり受け継いでくださいね~(しばらく言い続ける・笑)

投稿: みっちゃん | 2012年2月 6日 (月) 17時38分

Fumiさんこんばんは!
山スキー(フリートレックだけど)デビューおめでとうございます!新たな山の楽しみを見つけたのではないかな。
ボクもかれこれ10数年前、それまで冬山はワカンにアイゼンでのツボ足が主流でしたが、山スキーなんてヤワなものヤンネーと思っていたけど、実際やってみると、世界観が一気に変わったのを思い出します。
それ以降病みつきになっちゃいました。今度は長い板で挑戦し、福井のクラシックルートを攻めて・・・
ラッセル辛いけど気持ちイイですね!!
山登りはいつになっても青春ですネ!

投稿: ゲンゴロウ | 2012年2月 6日 (月) 20時19分

みっちゃん、こんばんは。happy01

板に宿る魂が進化して(笑)
か!神になっちゃいましたか(><)
なぜそうもプレッシャーを・・・(TT)

いやぁ~想像はしていたけれど、あんなに楽だとは思いませんでした。
少し急な登りになると、まだまだ未熟な私は、
『ツボ足で駆け上がった方が早いんじゃ?』って場面も多いので(^^;)
まだまだワカンが手放せそうにありませんが(笑)
それにしてもスキーの機動力は素晴らしいですね。

早く、長い板でも行きたいです。^^

投稿: Fumi | 2012年2月 6日 (月) 21時26分

ゲンゴロウさん、ありがとうございます。happy01

近所の低山でのおっかなびっくりスタートでしたが、^^;
充分すぎる程の衝撃を受けました。
スキーという道具の力って本当に凄いですね。
色々経験を積みながら、思う様に山の中を移動できるようになったら・・・
どんどんと世界が広がってゆく様でワクワクします。^^
正に青春の心持ちですね。

しかしながら取り敢えずは練習練習ですが(笑)

早く長い板で山へ入ってみたいです。
きっと、自分の未熟さを嫌と言うほど痛感するのでしょうが(笑)

投稿: Fumi | 2012年2月 6日 (月) 21時37分

Fumiさんは夏も冬も国見岳が大好きですねぇ~(^^)
そしてついに山スキー(フリートレック?)デビューしちゃいましたか!!!(TT)
Fumiさんが昨年3月に富士写ヶ岳デビューしちゃってますし、常に僕の「前」を進みまくってますねぇ・・・(TT)
 
しかしFumiさんが「超楽チン!! スイスイ行ける!!!」と言うんですから、相当な「楽さ」だってことが痛いほど伝わってきます!!!(TT)
僕だったらその「楽さ加減」で原稿用紙20枚分は書けるでしょうね~!!!!orz
(って、「有酸素運動」って事には変わりありませんけどね・・・^^;;)
 
う~ん、物置で眠っている99cmのサロモンの板を履いて、僕もチャレンジしてみようかな???(^^;;
って、金具が「完全固定」で軽く死ねそうな気がしますが・・・・orz
 
しかしFumiさん、国見岳まで20分!と言うのが、超羨ましかったりします(^^)

投稿: タクヂ | 2012年2月 6日 (月) 23時01分

タクヂさん♪富士写登頂本当におめでとうございます。happy01
あの景色、雰囲気は超感激快感!だったでしょ?^^
今後のタクヂさんから目が離せなくなってきました(笑)
半日でも時間が出来たら、文殊山や日野山や鬼ケ岳や・・・
あっちゃこっちゃ行っちゃいそうですね。^^

車で自宅からスカットランド九頭竜の方を経由して奥平までが、途中でコンビニ寄ってもジャスト20分で到着♪って感じです。
山自体の魅力はさほどでも、これだけ近距離で気軽に行けて、なおかつ貸切(笑)
冬の国見岳は、色々と練習が必要な(^^;)私にピッタリの場所です。

山スキーは楽しさも勿論ですが、
超有効な行動時間短縮ツール = より長い行程の山行が可能になる
色々と夢が広がりますよ~。^^
ま、私は超ドヘタクソなんでダメダメなんですが(TT)

え?次は板背負って登山→滑って下るお話のレポートを書いていただけると?^^;

投稿: Fumi | 2012年2月 6日 (月) 23時58分

いいよぉ、Fumiさん最高!

こういう時間の過ごし方って好きだなぁ(僕は)。
なんか誰の為でもない、自分の為ってオーラをバシバシって感じです♪

お疲れさまでした~♪

投稿: ヤスジロウ | 2012年2月 7日 (火) 17時30分

Fumiさん、フリートレックデビューおめでとうございます。
この日を待ってましたよ!次は本格的に山スキーですね。
早くこっちへおいで~(笑)
私も毎回凄いお方たちに頑張って着いて行っています。
そりゃ・・・もう必死です(^^ゞ
でも楽しいです、やめられまへん。ご一緒に行きましょ♪

投稿: みれ | 2012年2月 7日 (火) 20時47分

ヤスジロウさん、こんばんは。happy01

いやまあ、ホント、言われてみれば。。。
力入って長々と日記書いてますが ^^;
人から見たら何の興味も面白味も無いことなのかも(笑)
完全に自分の・・・(笑)

少ない自分の時間で、
やりたい事が次から次へと湧いてきて、山積してて、
何から手を付けようか順位を付けるのに日々苦心しています。^^;

投稿: Fumi | 2012年2月 7日 (火) 21時51分

みれさん、ありがとうございます。^^
どうもぉ!happy01

いいなぁ~♪綺麗で大っきな景色の中を
ばっちり!スター軍団に加入して滑ってましたね♪ ^^

早くそちらへ行きたいのは山々ですが(笑)
そりゃ・・・もう(TT)そう簡単には上手くなりまへんのん。
まぁ、楽しくて仕方無いのは負けてませんが♪
今シーズン中にはなんとか・・・なるんだろうか? ^^;

頑張ったら、ご褒美に
いつかイヴちゃん周遊に連れて行ってくださいね~(^0^)/

投稿: Fumi | 2012年2月 7日 (火) 22時02分

コメ遅くてスミマセンcoldsweats01

Fumiさん山スキーもするんですか?
知りませんでしたヾ(´ε`*)ゝ

ホント遊ぶ道具沢山持ってますね←羨ましい


記事を呼んで思ったのですが
Fumiさん辛い方へdash辛い方へdashと向かって行きませんか?

もしかしてMなのかな~?

きっとド・Mだなcoldsweats01

投稿: taizo | 2012年2月10日 (金) 00時20分

taizoさん、おはようございます。happy01

山スキー道具の入手は極最近なんですよ。(*´v`*)
まだ全然使いこなせませんcoldsweats01
まあ、それもまた面白いので山へ山へと行くのですが、
この日はルートメイキングにも経験不足を露呈(笑)
とっても、とっても疲れちゃいました。sad

しっかり強調しときま・す・が!
私は、ノーマルですよ。
ふ・つ・う。^^

投稿: Fumi | 2012年2月10日 (金) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550090/53911456

この記事へのトラックバック一覧です: 国見岳周遊:

« エンゼルゲレンデ2012 | トップページ | 今朝の庭の物想い »