« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

山サイ + 歴史ポタ + 廃線

今度の週末、本来なら休みの土曜日に外せない仕事が飛び込んでしまった。

昨日上司に掛け合って、

代わりに、天気の良さそうな今日を休暇申請。

  

YAMAさんに緊急出動&コースプロデュースを願い、遊んでいただきました。

だいたいこんなコース

   

鯖江から、先ずは旧北国街道を南下し、

お喋りを楽しみながら、日野川沿いに南条まで走って、

日野山を南へ回り込んで、

『鋳物師』という素敵な地名の集落から、牧谷川に沿って山奥を目指します。

01

今の日本の山間の集落には、

きっと庄屋さんのお住まいだったんだろうなぁ、っていう立派な空家をはじめ、

03

大きな屋敷がいくつも廃屋になって放置されている現状があります。

序盤何故か複雑な思いで社会科見学。

  

集落の外れに、目的地を示す看板があります。

04

野見ヶ岳という山に登ることと、その山中にある武周ヶ池を見に行きます。

  

立派な田舎道を走っていくと、

05

更に看板が出てきます

06

我々は、登山道ではなく林道をヒルクライムです。

08y

道中にはホタルブクロなどの花や、

正確な種名は判りませんが、ショウマの仲間。

09

中々ハードな登りをやっつけて、

空が近付いてくると、稜線の凹んだ部分が峠。

13

峠には立派なログハウスがあります。

15

誰でも利用できる山荘です。中はとっても綺麗。宿泊可。

16

机の上には利用者が記入する日誌がありました。

19

パラパラとめくって眺めていたら、

山の世界で有名な方の記帳があって、YAMAさんが感激しておられました。

  

さて、ここに自転車を係留して、登山開始です。

20_3

登り始めると、この段階で既に結構脚にきているコトを実感。

21

それでも、美しい森の中を歩くと気持ち良くて、癒されます。

23

ササユリが道中至る所にありました。

26

やや盛りを過ぎていて、既に散ってしまったものも多かったです。

名の判るもの、判らないもの、数々の花が癒してくれます。

27

コアジサイは沢山ありました。

29

小一時間で、武周ヶ池に辿り着きます。

31

池と言うよりは沼?湿地?

今朝イノシシか鹿が転げまわったと思われる、真新しい『ぬた場』がありました。

32

近くの木の根元にも、体をこすり付けた跡がありました。

  

登山道に戻り、

鉄塔がそびえる山頂を目指します。

34

あの鉄塔の根元が山頂。

眺望も控えめ、『ここが山頂だぞ』ってアピールも控えめ、そんな山でした。

35

滞在5分で元来た道を戻ります。

半藪で、集落からやってくる直登登山道との合流点分岐が分り難く、

見落とさないよう注意が必要です。

  

池まで戻って休憩。

38

素敵な雰囲気ですね。

池のほとりは美しいブナ林。

39

見上げれば、キツツキのマンションです。

40

  

岩谷山をトラバースしてやって来たので

41

結構アップダウンのある道です。

43

でも、美しい森の歩きは、お喋りしてればあっという間です。

  

この山のヤマボウシは、どれも背が低く、若い木なのかと思うとそうでもなくて、

花付きが良いのできっと大人の木。雪深いからでしょうか。

44

  

峠まで戻って、池田町側へと下ります。

45

一部ダート。

46

林道はこうでなくっちゃイケません。ダートは楽しい。

でも、僅かな区間でした。

池田側は長い長い豪快な下り道。

47

でも所詮下りなんであっけなく盆地の集落へ出てしまいます。

49

魚見の峠で武生側へ戻ります。

50

峠を下りきった辺りに、この看板。

51

先日taizoさんが登っておられて、興味のある場所ですが、

今日はもう登山は満腹。また後日にしましょうねと相談して、パス。

程近い味真野苑の花菖蒲などを見学後、

冷房の効いた売店内で、

52

菊で有名な武生。食用菊が練り込まれたソフトクリームです。

  

休憩後、さて、味真野の里、五分市を観光しましょう。

53

taizoさんも紹介されていましたが、裏路地でも迷わないよう、

道路にペンキで線が引かれています。

54

優しい街です。

  

蔵にお天守みたいなのが乗っかってる『城福寺』

55

門前には茶畑があり、境内には花筐ゆかりの桜。

56

枝垂桜です。春に再訪せねば。

足元にも、名が分からぬ花が綺麗でした。

  

道標に従って、

57

え?この先道あるの?人んちの庭先? そんなトコを走ります。

58

  

『野々宮廃寺跡』

59

60

YAMAさん曰く、立派なワラビが沢山採れる穴場だそうです。

  

『小丸城跡』

61

つわものどもが・・・・

私の大好きな雰囲気です。

62

  

『本山毫摂寺』

63

京都にでも来たのかしら?と思うほど大きく立派なお寺です。

64

門に施された彫り物が豪華です。

獏?象?

65

とにかく、盛り沢山の彫刻。

66

鐘突き堂も立派でした。

  

トミヨの生息地として有名な湧き水の清流『治左川』

69

スポーツドリンクを飲み飽きてたところだったので、

湧き水をがぶ飲みしました。

  

中学生たちが手に手に水筒を持ち、川の水を直接汲んでいるので

『飲むの?』って思っていたら、

無邪気に水の掛け合い、おっかけっこで大はしゃぎ。

見ていて心和む、嬉しくなるような光景でした。

この土地の子供達は、本当に純粋と言うか・・・

裏路地で度々すれ違う下校中の生徒たちは、

皆自発的に、変な格好の見ず知らずのおじさん二人組に挨拶をくれます。

最近では珍しい、新鮮な喜びでした。

平日の昼下がりならではの体験かも知れません。

今日来れて良かった。

  

清流には梅花藻が茂って、水流になびいています。

73

水上に出た部分には、こんな可愛い花が

71

一面に咲いています。

70

蛙も涼んでいました。

72

頑張って目を凝らしましたが、残念ながら魚の姿は見つけられませんでした。

74

  

地元メディアに度々登場し、最近ちょっぴり有名になってきた、戦国の豪腕猛将

『真柄十郎左エ門』のお墓がある『興徳寺』

75

76_2

  

味真野観光を堪能し、もうこれで充分なライドですが、

酷暑の中、YAMAさんにお願いして、更にオプショナルツアーへ。

集落の北の外れへ出て、大きな工場の駐車場端。

77

昭和56年に廃線となった『福鉄南越線』を辿る旅へと出発です。

この工場への物資輸送に利用されていた為、ここに駅がありました。

78

路線図はこんな感じです。

79

駅跡地前は、廃線跡に造られた道路の交差点。

右手へ目をやれば、粟田部(今立)方面へと続く線路跡。

80

左を向けば武生駅方面へと続く線路跡。

81

コッチを、武生市街地へとたどります。

急に曲がれないレールが走っていた道はカーブが緩やかで直線が多く、

周囲の風景より推察しながら、容易にたどれます。

工場内の引込み線みたいな場所を抜け、田園風景の中へ

82

道路が交差する場所には、踏み切りの痕跡。

83

知らなきゃ単なるあぜ道の景色ですが、

昔ここを電車が走っていたんですよ。

84y

ロマンを感じませんか?

  

小川を渡る場所の遺構

85

  

大きな鉄橋もデーン!と、そのまま残っています。

86

89

ぞくぞくするような素敵さです。

  

この鉄橋の西側は、少し綺麗に整備されていました。

91

92

ま~っすぐ行きますよ。

  

こんな道になったりしながら

93

やがて終に行き止まり。

94

この向こうには、再開発により工場が建っていました。

  

それでも、あっち側へ回り込めば、続きをたどれます。

国道8号線を越えて、新しい住宅街の中へと続き、

個人宅のお庭に、こんな保存車両。

95

この辺からは直線的な線路で、真っ直ぐ日野川へと向かい、

鉄橋跡。

96

現在は、歩行者・自転車道として利用されています。

鉄橋渡った先には大きな工場があって、

ここにも引き込まれて利用されていた様ですが、堤防からその痕跡は伺えません。

廃線を辿る旅はここで終了。

ここから武生駅まではすぐそこです。

  

旅モードが途切れて、日野川のサイクリングロードで鯖江へと戻りました。

97

暑い、暑い、暑い・・・

今日は2Lペットボトルを背負っていきましたが、足りませんでした。

  

最後は北国街道に戻って、

YAMAさんが幼少期に遊んだ思い出の鎮守の森。『神明神社』

98

子供の頃のお話を伺いながら、

境内奥の重要文化財『瓜生家』

99

100

  

  

YAMAさん家まで戻って、超超充実の遊びは終了です。

  

家に帰っても、まだ子供達の下校前でした。

ビール飲みながら、日焼けで赤い顔で

「おかえりー!^^」

幸せいっぱいのお休みでした。

  

YAMAさん、今日は本当に有難うございました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

夕ヘロ 奥平16本目

今日はジテツウ帰りの夕練。

   

市街地を西へ横断中に、某剣士様に見つかってしまい、

松本通りの歩道上で直立不動にて電話を受ける。

現在、超重要任務で奔走しておられる剣士様。

色々とお話もしたかったのですが、

時間が遅くなるほど、獣との遭遇リスクが高まるので、

実は、仕事上がり~練習コースまでは一日の中で最も気が焦っています。

そっけなく電話を切ってしまい申し訳ありませんでした。m(__)m

  

ちゃんとアップが出来ての登坂なのに、体の感じ重くないのに、ダメだった。

自分の体がよく分らない。

剣士様の呪いか・・・。そのせいにしておこう。

Img_5378

今日は完全に真夏の酷暑だった。

夕暮れも快晴。

自分の気持ちだけが、微妙に曇りです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

夕ヘロ 奥平15本目

今朝は、一応目覚ましはかけたけど、半分ヤル気無しでした。

予定通り、カーテンの隙間から濡れた路面を確認し、安心して二度寝。

   

車に積んで出勤。

  

昼間の予報はどんどん悪化し、夕方以降激しい雷雨の恐れあり、とか。

休み時間も雨雲レーダーが気になって仕方が無い。

    

でも、なんとか行けそう。

  

夕方、慌てて移動して、Go!

  

車で行ってのスタートは、アップ無しなので体がなかなか起きない。

辛い、辛い、重い走り。

だけど、

今にも降り出しそうなんで、いつもより一層追い込める。

  

今日は自信を持って言える。

今シーズン最高に追い込んだ。

  

ゴールしても、一息つかず、直ぐに降ってくるかもしれないから、

と、 カメラをセットするのがやっと・・・  

暫く倒れこんだ。

Img_5371

やらせじゃないよ。

マジ辛かった。crying

  

帰りは、ヘロヘロなんで、お花の写真撮りながら休み休み戻りました。

『キツリフネ』

Img_5374

Img_5377

  

明日も朝は濡れているでしょう。

心置きなく休みます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

夕ヘロ 奥平14本目

今朝はお寝坊さんでした。

せめて夕方走れればと自転車通勤しましたが、程なく雨になり・・・

いつもは、汗たっぷりで職場に着いたら着替えたウェアを水洗いして外に干しておけば、

帰りには気持ちの良い状態なのですが、今日はダメ。

1日を通して断続的なにわか雨、時々本降り。

帰りの事が心配で、随分気をもみました。

  

それでも、夕方近くには上手い具合に雨が止んでくれて、路面は半乾き。

仕事を定時で上がって、半乾きのウェアに着替えて・・・

それでも走り出せば気分爽快。

二日間しっかり休んだだけあって、脚が良く回る。

市街地を西へ横断し、明治橋渡っていつものコース。

深谷から西郷トンネルへの登りは絶好調!

濡れた路面に注意しながら、流す様に一王寺へ下って、

馬の里への微登りもガンガンと。

さぁ!激坂区間へ・・・

  

調子に乗って飛ばしすぎました。

奥平集落手前で売り切れ気味。ダレてしまった。

最近長距離を走っていないからか、スタミナ無さ過ぎ。

それでも、いんちきダンシングでもがいて、どうにかこうにか加速しながらスパート。

肺が痛いくらいのヘロヘロでした。

Img_5367

タイムはそれなりに良かったが、

なんか・・・体感的に、強くなってる気がしない。

やっぱ、週末休まずに走るべきだったか・・・。

長い距離走る時間・・・どっかで作れるかなぁ。

  

さて、問題は明日。

先週、夕練の翌日に朝練へ行った時は酷い有様だった。

体への負荷も大きくて、ヘタしたら仕事に差し支える。

それでも、『走れる』 ことが第一。

朝?夕方? お天気との駆け引きだ。

はっきりして欲しいなぁ。

お前、どう思う?

Img_5369

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

海でのんびり

午後から家族揃っての時間がとれたので、鷹巣の浜へ行きました。

01

砂浜では、小雨が降る中、浜茶屋の建設作業が行われていました。

02

私はビールを飲みながら、ゆるゆるといい加減な釣り。

男の子は砂遊びと釣り。

女子は読書など。

  

夕方になったら、いつものように子供が流木を集めてきて、焚き火です。

04

主に長男が仕切って、末っ子は手元です。

03

火を眺めながらの酒は美味いです。

だらだらと、7時過ぎまで海にいました。

05

  

不真面目な投げっ放し釣りの成果は、こんな感じ。

06

死後硬直のがっちり残る魚体を捌いて、天麩羅ダネにしました。

07

  

この週末は、

運動無しです。

はぁ~あ・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

休みは忙しい

休日前はたっぷり深酒して、

たっぷり朝寝をしたいですが、

7月に小学校の球技大会(ソフトボール・ドッヂボール)があるため、

6月の毎週土日は 6:30~8:00 学校で朝練。

子供会役員のため、世話をしなければなりません。

おまけに、8月の夏祭りを控え、

公園の草刈・神輿組立・ハッピ配布・レクレーション準備・模擬店準備・・・etc

それに伴う配布物の段取りなど

決めなければならない事、やらなければならない事がいっぱいです。

今夜も役員会合でした。

  

今日は半日主夫になってしまったので、空いた時間は午後の数時間。

お金も掛からず、一番の癒しは子供との魚とりです。

   

いつも魚とりに行く場所は、河口から5Km程上流の水田地帯です。

これ位の距離だと、潮の満ち引きや河川水位に伴って塩水の遡上があります。

(九頭竜川では、河口より18Km地点まで塩水の遡上が確認されています)

このような汽水域では生態系がとても複雑で、豊かです。

コイ、フナ、メダカといった一般的な淡水魚はもちろん、

時にはハゼなども居たりします。

季節によっても生態は変化し、

例えば晩秋などには川から海へと下るモクズガニがよく採れます。

モクズガニは食べると結構美味しいです。

  

暑くなってくる今の時期は、用水の土手にこんなマンションが出来ます。

Img_5304

住人は、こんな方。

Img_5303

クロベンケイガニ。

水辺に住んでいるのに、普段殆ど水に入らない変わり者?です。

時々、呼吸に必要な水を体内に取り込む他は、陸上で生きています。

超すばしっこくて、めったに捕まえられません。

  

今日は、かなり種類の多い魚がとれました。

今の時期、流れが緩やかな細い水路には、

春先卵から孵った稚魚たちがいっぱいいます。当歳と呼ばれる小魚です。

フナやタナゴ、メダカは小さくても簡単に見分けがつきますが、

オイカワ、カワムツ、ヌマムツなど、細長い魚の稚魚は中々見分けがつきません。

それをつぶさに観察して、違いを見つけようとするのも楽しいものです。

  

観察後、殆どはリリース。

ドンコの餌に適度なモノだけを選り分けて持ち帰ります。

また、今日はドジョウが何匹か採れたのでお持ち帰り。

Img_5319

ドジョウは、仕草や佇まいがとっても愛らしくて、見ていて癒されます。

  

ドンコはとっても丈夫。

我が家でもかなり長生きしてくれています。

Img_5312

コイツも、立派な癒し担当。

見てくれは微妙ですが、愛嬌たっぷりです。

で、普段ドン臭そうに見えるのに、捕食シーンは惚れ惚れするほど見事。

立派なハンターです。

お気に入りの魚種なので、ついつい持ち帰ってしまい、現在3匹を飼育中です。

  

魚とりは本当に楽しいです。

で、全ての生態系を持ち帰って再現しようと思っても、水槽が何本あっても足りません。

ペットショップや、水族館で、また、自宅で楽しむのも良いですが、

やっぱり、現地で触れるのが一番です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

朝ヘロ 奥平13本目

寝不足が辛いけど、

今日から再び下り坂予報。

今朝は貴重な晴れ間。

昨夜の雨で、山間の道は1/3程濡れた所が残っている。

Img_5283

二枚田ゲート前のガードロープ脇に立って、木立の間から見える山は富士写ヶ岳。

Img_5285

仲間と登った雪の富士写は、とっても美しい思い出。

次の冬も、たっぷり雪が積もったら登ろう。

    

下りでは、いつもの彼と爽やか笑顔挨拶。

西郷トンネルを登り返して日野川まで下ると、強力な朝日が射した。

  

【 今朝の庭 】

百合が二種類。名前は分りません。

Img_5300

Img_5294

  

『 撫子 』 今度は白いのが咲きました。

Img_5290

  

ブルーベリーはまだまだ食べ頃になりません。

Img_5296

  

蒸し暑い日が続き、体がだるいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

夕方、バケツをひっくり返した様な雨でしたが、

夕食までには上がって、穏やかな夜です。

  

夕食を食べながら、

蛍を見に行こうとの話になりました。

梅雨の合間、

湿度が高いこんな夜は、蛍が元気に動きます。

夕食後、

帰りの車中で子供が寝てしまっても良い様に、

風呂やら歯磨きやら全て済ませて、家族揃ってお出かけです。

20分程走って、毎年の場所。

  

期待通り、今年も沢山の蛍が見られました。

Img_5255

Img_5262

  

「すげ~!」

「きれい~!」 って喜んでた子供も、

飛んできた蛍が自分のTシャツに留まったりすると、何故か怖がって大慌てです(笑)

  

そっと手にとって、

やがて飛んで行くのを眺めているのは、

何とも言えず、

幸せな時です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

朝ヘロ 奥平12本目

今日は後半ダメな天気なので朝練。

昨日の夕練終了から今朝の走り始めまでのインターバルが8時間半。

なんだかんだで、睡眠時間は5時間弱。さすがに無理があった。

酷い内容の走りだった。

Img_5238

逆のパターンなら良いが、夕練後朝練はダメだ。

まともに走れないので、練習の意味が無い。

  

それでも、良い事もあった。

私が随分遅い時間のゲート着になったおかげで、

いい感じの場所でいつもの彼に出会えた。初めて、少し立ち話。

Img_5239

思っていた通り、とっても気持ちの良い人物だった。

競技はトライアスロンなのだそう。

聞いてぶったまげた。

私より遠い所から走ってきていて、

コースはゲートまででなく、国見岳の上まで。

それを週3回のペースでこなしているという。

聴いた瞬間、膝から崩れ落ちる様な気持ちでした。

世の中には凄い人が居るもんだ。

仕事は営業職とのことでしたが、それにしても凄い。

トライアスロンってことは、自転車以外にも当然、日々走って泳いでいるはず。

強烈な出会いでした。

  

「ありがとうございましたぁ!^o^」

「また会いましょう!^o^」

気持ちの良い別れ。

帰り道の脚は少し軽くなった。

  

今朝は、別のローディーも上がってきた。

日野川まで下ると更に一人。堤防でもう一人。

頑張ってる人がいっぱいいるんですね。

  

【 今朝の庭 】

アジサイが各種満開です。

Img_5247

Img_5246

  

『 撫子 』

Img_5250

  

バラはボチボチ終盤です。

Img_5243

  

  

今日は下り坂。車で通勤です。

明日は通してダメそう。

休養日ですかね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

奥平11本目 吉日

昨夜~今朝は雨が降りそうな予報だった。

朝練は止めてゆっくり起きたら、外は完全ドライ。

がっくし。

  

【 今朝の庭 】

Img_5216

すかしユリの系統です。

  

【 今朝の自転車通勤 】

おっ!青大将発見!

Img_5218

『キレイだよ~。カワイイよ~』 と、おだてながら何枚も激写。

Img_5219

Img_5221

Img_5223

大人しい、イイ子でした。

さようなら。

Img_5226

  

  

さて、仕事上がりは今日も夕練。

九頭竜CR~日野川堤防で、いつもの朝練コースへ。

昨日あれだけ絶好調だったのに、今日は全くダメ。脚回らず。

自分でも、この体、訳わかんない。

それでも、遅いなりに、劇坂区間も立たずにクリアできた。

いんちきダンシングに頼らず、

ハンドルを引き寄せたまま、ちゃんとペダリングで上がれた。

上半身の力がそれなりになってきた証拠。

また、一歩前進。

Img_5229

  

  

帰宅したら、郵便物が届いていました。

尊敬する山の友人から。

Img_5233

天然ハーブオイルで手作りした防虫スプレー。

有害物質一切無し。

庭仕事や山で、ありがたい戦力になりそうです。感謝。

手書きの手紙を戴く事なんて滅多に無いので、最近では新鮮な喜び。

そして、その便箋は、地図を切ったモノでした。カッコイイ!

『・・・らしいなぁ。^^』

SANTA FE CO、Armijo、Abrahm Ranch、Longhorn Res・・・

外国の地図だ。何処だろう?^^;

等高線に入れられた数字は6200とか6300。メートル?マイル?フィート?

何処だろう・・・ confident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

今日も一日一ヘロ

梅雨の真っ只中。

晴れ間は無くとも、『降らない時間帯』を逃さない事が大切。

それなのに、朝起きられなくて、朝練出来なかった。

今日は下り坂予報だったけど、

僅かな希望を胸に秘め、車に自転車積んで出勤。

  

日中、思っていたほど降らなかった。

夕方、時々ちょっぴりフロントガラスに落ちてくるけど、大丈夫。

日野川越えて車を停めて。いつものコース。

  

体は重くないが、

昨日の疲れ、特に山歩きが効いていて、今日の筋肉はとっても固い。

序盤は様子を見ながら、徐々に高ケイデンスを混ぜながら、

脚をほぐすようにウォームアップ。

  

馬の里に差し掛かるところから、Go!!!

  

結論から言うと、

今期最高の内容に大満足♪

脚は疲れていて、ちょっぴり痛いのに、とっても不思議。

恥ずかしながら、今期初めて、オール シッティングでクリア出来ました。

そう、今期初めて。^^;

これでやっと、昨年の4月位の脚にまでなった。

最後もしっかりもがいて、スパートできた!

良い意味でいっぱいいっぱいのゴール。

止まった途端、一気にオーバーヒートする体。ドット噴出す汗。

いつまで経っても収まらない心臓のバクバク。

ゼェ、ゼェ、ハァ、ハァ、・・・・・・

久々に、『辛いけど快感♪』 な感じが少し味わえた。

Img_5212

  

朝練開始からカウントして、

今日が丁度、奥平クライム10本目。

ようやく、

少しだけ手応えの実感を得られた。

嬉しい。

  

今日のビールは美味かった!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

山サイ

今日は主夫の日でしたが、急遽YAMAさんに遊んでもらえることになりました。

早朝、長女を朝練に学校へ送、子供達の朝食を給仕し、長女を迎。

子供三人を妻の実家へ送り届け、その足でYAMAさん家へ。

  

時間が少々押しているので、車でイイトコまで移動。

池田町内まで入って、公共施設の駐車場をベースに出発。

MTBで山岳サイクリングです。

こんなコースで行ってきました

  

9時50分頃出発。

のどかな池田町の山村風景を走り

01

観光名所 『蔓(かずら)橋』 で記念写真。

02

居た場所も木でなく鉄柵だったし、

ぱっと見の印象で、シュレーゲルアオガエルかと思いましたが、

帰宅後調べたら、モリアオガエルっぽいです。

今日は道中、

こずえや側溝脇に、モリアオガエルの卵塊(白い泡の玉)がいくつもありました。

  

さて、山奥へと向けて登ります。

03

5_large

低山より一ヶ月近くも遅く、タニウツギが満開です。

04

今日は『ひょっとしたら雨?』って位悪い予報のはずでしたが、

いつの間にやら真夏の様な陽射。

14_large

たまらず休憩。水分の減りが早いです。

05

それなりに交通量のある道ですから手入れはされているようですが、

路面の殆どは砂利が浮くコンディション。落石も多く、

登りは然程気になりませんでしたが、下りは凄く神経を使い、怖かったです。

ブレーキ&前後重心のコントロールがしやすいMTBでも

ヒヤリとする場面がありましたから、ロードバイクでは来たく無いかも・・・。

06

  

時々横切る沢や滝が、かすかに涼しい癒し。

9_large

ヤマボウシが満開でした。

08

  

堰堤や、その前をカーブする道の脇には、このような看板があります。

09

10番からあると書いてありますが、9番からしか確認できませんでした。

登るにつれて、この数字が8、7、6、と減ってゆき、

10

「お~終に1番。あと500mだって♪」

11

  

12:10峠到着。

12

『 冠山峠 』 の碑

13

福井県側はず~っと池田町。

岐阜県側は市町村合併を繰り返し、

徳山村→藤橋村→揖斐川町と変遷しているのが石碑から分ります。

  

ゲート脇に自転車を係留して、12:20過ぎ登山開始です。

目指すのは、あのマッターホルン!

14

・・・ではなくて coldsweats01  『 冠山 』 です。

中々の容姿ですね。

  

登山口は駐車車両がいっぱい。マイクロバスも2台。人気の山ですね。

我々は遅い入山なので、序盤は下山してくる人波が何回も・・・。

15

足止めをくらっても、皆さん挨拶が気持ち良いので悪い気はしません。

  

さて、林の中を進みます。

16

所々アザミの仲間が。

17

アザミは、『○○アザミ』って種類がいくつかあって、私はホボ判別不能。

まあ、私的にはひとくくりで『アザミ』で、いいです。^^;

  

ナナカマドも種類がありますが、私はひとくくりで『ナナカマド』 ^^;

18

19

これは、ツシマナナカマドだそうですが・・・。

  

お喋りを楽しみながら程良いペース。どんどん進みます。

20

主峰下の大地部分へ差し掛かってきました。13時ちょっと。

21

多くの人に踏まれた人気の登山道は、徐々に荒れて、更に雨の流れでえぐられ、

急傾斜部では特に、こんな深くなっている場所もあります。

22

  

一旦開けて、笹原の冠平が見渡せます。

23

点々と白い花が見えるのはコバイケイソウ。

24

黄色いキスゲの花も、ポツ・・・ポツ・・・とありました。

  

山頂方面を向いて、急登ですがもうすぐそこ。

焦らず、楽しむ位の感じで岩場に取り付きます。

25

ロープが有難い。

上から見返すとこんな感じ。

26

  

岩場を山頂へ向かう間には、可愛いお花。

イワカガミ

27

タテヤマリンドウ

28

妖精みたいですね。

  

冠平を下に眺めながら、

29

山頂手前で、YAMAさんが見つけて食いついた

アカモノの群落。コケモモにも似た雰囲気ですね。

30

超可愛い。 

  

山頂到着。 13:20

31

32

皆、どんどん帰って行く時間なので、誰も居ません。

貸切の山頂で、おにぎりやおやつを食べて、暫し眺めを楽しみます。

~能郷白山~温見峠へと続くであろう県境の尾根筋。

33

雲が下がってきて(ガスがでてきて?)記念写真は背景真っ白。

34

さて、遅くなってもイカンので、帰りましょう。

35

  

山頂直下岩場の茂みには、更紗ドウダンツツジに似たウラジロヨウラク

36

  

モミジやカエデの仲間の花は地味ですね

37

  

冠平まで下って、タニウツギ

38

  

登りはあまり思いませんでしたが、

下り道、見下ろすように視界が広くなると、

とっても美しい森を歩いてきた事がわかります。

39

ブナの木もいっぱいありました。

  

峠道まで戻って 14:35

40

再び自転車。

41

来た道を戻ります。

  

砂利が浮いた路面は、

対向車来たー!って思って急ブレーキかけても、滑るばっかで止まらない。注意。

  

池田の盆地まで戻って、

須波阿須疑神社

42

その対面の一里塚

43

  

今日はとっても楽しい、有意義な日曜日でした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

朝ヘロ7

今朝家を出る時、丁度新聞配達の方がやって来たトコロだった。

お互いちょっとびっくり。挨拶。

新聞を配っている所を直に見たのは人生初かも。

御苦労様です。

電動アシストな新聞配達でした。

 

いつもの朝練コース

    

休養日を挟んで、体の重さは少し抜けたけど、速くはならなかった。

あまり脚回らず、平地の速度はいつもより遅かった。

完全な曇天で空も赤くなく、

気持ちの盛り上がりに欠けた感じだったが、

登りは意外にいけた!

もがいて、頭痛が出て、到着。

Img_5075

  

今日は水の消費量が多い。

  

帰り、西郷トンネルへの登り返しをやっつけて、

トンネル抜けるとそこには

ホタルブクロが鈴なりでした。

Img_5085

梅雨ですね。

  

今週はなんだかんだで、毎日ちょっとずつ自転車に乗れた。

来週からはそろそろ雨が続くのかなぁ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

休養日

今日は朝練休み。

いつもより2時間半遅く目覚しをかけて、

(ったって3時間以上遅く寝たので、あまり意味無かったですが。)

さて、昨晩~今朝は雨予報のハズ・・・

じゃなかったの?!!

起きてガッカリ。路面はしっかり乾いていました。

『やっぱ行けば良かったかなぁ~・・・』

でも、体の疲れは全然抜けていないが・・・。

悶々とした気持ちで朝食をとり、

回復走のつもりで自転車通勤。

Img_5074

いい天気♪

気持ちだけは回復。

  

ところで、

庭のこの花。

Img_5071

どれだけ一生懸命ネットで調べても、分りません。

誰か名前しりませんかね。^^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

朝ヘロ6

今日の夜明け前に皆既月食があるとのことで、早起きも苦になりませんでしたが、

西の空は厚い雲で、全く見えず・・・。

次回は12月10日だそうです。

  

仕方ない。朝練です。

  

東の空は、雲が高いからか、朝焼けは美しく見えました。

Img_5054

  

今日は全然ダメ。

回らない、踏めない。

昨日にも増して二枚田ゲートは遠く感じ、タイムも悪かった。

久々に見事なヘロヘロ度で、撃沈です。

記念写真です。

Img_5058

  

山中では、『 マタタビ 』 の葉が白くなり始めました。

Img_5061

蕾がついているのが見えます。

花の時期になると何故か葉が白くなって、とっても目立ちます。

マタタビの実は食用にしたり、果実酒などで利用されますね。

  

練習後はプロテインを補給しました。

Img_5068

  

今夜は下り坂で雨だと思っていたのに、曇り?微妙な天気予報。

それでも今日は自転車通勤を止めて、明日は思い切って休養日にしようかなぁ。

 

【 今朝の庭 】

Img_5070

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

朝ヘロ5

今日は朝練。

九頭竜川を渡る橋で、余りの朝焼けの美しさに止まって、1枚。

Img_5035

昨日の夕方と違って、とっても体が重い。

今朝の二枚田ゲートは、倍位遠く感じた。

奥平集落ヘアピン前、最後の激坂はシッティングでは上がれず、立ってしまった。

それでも、朝練初日に比べて、馬の里~ゲートが1分弱縮まっている。

Img_5037

今日も下りでいつもの彼に会えた。

相変わらずイイ笑顔で挨拶をしてくれる。

   

西郷トンネルへの登り返しに差し掛かる前の土手に、

『おっ♪』 真っ赤なクサイチゴの実。思わずUターン。

Img_5042

クモの巣が張っていたり、色々なんで、綺麗なのを一つ選んで

Img_5041

口に含んで、

『うん。美味しい♪』

甘みはそんなに強くないけど、自然の味ってこんな感じだ。

  

最後の坂をやっつけて、

トンネル抜けて福井市街側へ下ると日は昇りきっている。

さあ、今日もいい感じのスタート。

  

【 今朝の庭 】

我が家の庭では 『 ジューンベリー 』 が完熟。

Img_5045

これも甘くて美味しい。

  

『 ナデシコ 』

Img_5049

  

『 クレマチス 』 は、花が終わると、こんな感じの種が出来てきます。

Img_5051

  

そろそろ紫陽花の季節ですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

一日一ヘロ

目覚しを止めて、カーテンめくって外を見て、

薄暗い中目を凝らすと、今朝も路面が濡れた朝。

寝る。

朝食を食べる間にも、また激しく降ってきたり。

結局、自転車通勤も止めて、天候回復は間違いないので、車に積んで出勤。

定時で仕事を上がって、日野川渡って車を停めて。

今日も夕練。

馬の里前まで来たら、

『お馬さん今日もいたー♪』

でも、登りは休憩してる場合じゃない。

お馬さんを驚かせない様にしな~っと走り抜けて、

やはり朝と違って体が軽い。

いい感じで、ほんのりとヘロ。

Img_5033

朝と違って、夕練だと、とっても良い事がある。

だって、帰宅したらビールが飲める♪

  

【 今朝の庭 】

アジサイ 『 ダンスパーティー 』 が色付き始めました。

Img_5024

  

ミニバラ 『 テディベア 』

Img_5028

 

『 カシワバアジサイ(柏葉紫陽花) 』

Img_5031

  

知らないウチに、知らない花が出てきた。

Img_5026

妻が買ってきて、自分で植えたそうだが、「なんて名前?」って聞いても、

「さぁ。何やったっけ?わからん。」

この人、いっつもこんな感じです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

夕ヘロ(たへろじゃないよ、ゆうへろ)

昨夜はパソコンの前で日付が変わってしまいました。

それでも目覚しをかけて、どうにかこうにか起きたけど、

『路面が半分ほど濡れている』と自分に言い訳して再び布団へ。負けました。

久々に妻に起こされて、まあ、コレも悪くない。

自転車通勤。

  

5時半。定時に仕事をあがって、

明日の天気予報も朝6時まで降水確率50%で、微妙にダメそうだし、

今日は何だか物足りないというか、やり残した感アリアリなので、

妻に電話し、子供の送迎など無いかを確認。

OKをもらって、福井市街を西へと横断。

明治橋からいつもの朝練コースへ乗る。

フラットペダルのMTB、正しいトレーニング理論からは外れるかもしれないけど、

間違いなく筋トレにはなるはず!

そう思って望むが、想像以上にキツイ。

重い!遅い!進まない。

ロードより余裕のあるギヤ比に頼って、ゆるゆるの~んびりならイイのだろうけど、

これで速く登ろうと思うと、かなり大変。

汗だくになって相当喉が渇くが、通勤ライドで水分は持っていない。ぬかった。

加えて、昨年のイノシシの悪夢も頭をよぎり、日没に急かされながらの苦行になった。

それでも終わらぬ坂は無い。

よし!到着。

Img_5015

奥平側の二枚田は、完全に通行可能なようです。

時間作って上まで行かなきゃ♪

  

更に暗くなって獣が出ると嫌なので、写真を撮ったら直ぐに引き返します。

とりあえず脱水症状が怖いので、

『ほんごう馬の里』まで下って、自販機で休憩。復活。

  

なんか?パカパカ聞こえるなぁ~?って思いながら、

取り敢えず『水!水ぅ~!』って・・・ペットボトルの封を切りながら横を見れば・・・

馬!散歩?

思わず近寄って、

可愛らしい女性が手綱を引いておられたので、思わず

「写真撮らせていただいてもイイですか♪」

「ハイ♪どうぞ。^^」 (←♪と^^は、私の妄想による脚色です。)

Img_5018

お馬さん、ヘルメットを被っている私が今から跨るとでも思ってくれたのか、

こちらを気にして、近寄ろうとしてくれます。^^;

でっかくて、ちょっとビビリます。

Img_5020

大きなリュックを背負ってる私を旅人とでも思われたのか、

可愛い女性に「遠くから来られたんですか?^^」って聞かれました。

残念ながら、汗臭い通勤ライダーです(TT)

  

なるほど、早朝と違ってこの時間だと

こんなご褒美があるんですね。^^

明日も夕練にしようかな?

夜半~朝の雨が少なくて、自転車乗れますように。^^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

かこつけて盛り沢山

長女が、

「ふぉーらすのらぶときいきたい。」と言う。

「な、なんじゃ?お前何語喋ってるん?」とチンプンカンプンな私に、妻が通訳。

金沢の、『FORUS(フォーラス)』というショッピングモールに入っている

『Lovetoxic(ラブトキシック)』という子供ファッションのお店に行きたいのだそうだ。

で、妻も金沢行きたいと言う。

ショッピングに興味の無い私は、『しゃあねえなぁ・・・』って態度をとりつつも、

このパターンは、

私が先回りで自転車で行くという、いつものパターンだな♪

と、内心ニヤけていたのは言うまでもない。

  

早朝出発で、今日は平地メインのコース。

最近、ヒルクライムとフラットペダルMTBで『踏む』ことしかしていないので、

今日は、姿勢矯正と、『回す』ことを思い出す為に走る。

  

しっとりとした空気の北潟湖畔道路を爆走し

01

『吉崎御坊』

02

大聖寺川河口、塩屋の港は出船入船。

03

ここより程近い、竹の浦の廃校。

04

二宮金次郎もちゃんといます。

05

内部も公開されているようです。

更に、一部のスペースを使って食堂が営まれています。

  

大聖寺の町を抜け、片山津方面へと走る。

  

『宮地廃寺跡』

06

三重塔や五重塔のようなものの、芯柱が乗っていた礎石です。

07

  

小松空港で、しばし飛行機を眺めて休憩。

08

『お~あがってったー』

09

金網の隙間からカメラをつっこんで、へばりつくように見ていたら、

自衛隊の車両がやってきました。

10

  

海側の道を行きます。

『安宅の関跡』

11

  

この後ノンストップで、しおさいロードを走って金沢入り。

自宅発、ジャスト3時間で金沢の街に着きました。

AV29Km/h以上。上出来です。

  

犀川のサイクリングロードで街の中心部へと向かいます。

12

途中、道幅が狭まったところで、前方から複数のサイクリスト。

横へ寄って止まったら、次々とくるくる・・・

13

いつまで経っても車列が終わらない。50人以上いたと思います。

待ってる私一人に向かって、

通り過ぎる人達が次々と笑顔で挨拶やお礼をしていってくれる。

九頭竜CRで貰う笑顔の三年分位をまとめて貰っちゃったみたいな気分でした♪

  

嬉しい気持ちで街へ出て、

『長町武家屋敷街』近辺を散策。

14

その後、再び犀川河川敷に降りて、来た道を海方向へ引き返し、

集合場所の西部緑地公園に、約束の10時ぴったり。

15

駐車場で家族と合流し、車に自転車積んで、今日のライドは終了。

100Kmちょっとでした。

  

金沢駅へと向かい、フォーラスに入ったら、早目の食事。

自然食バイキングのお店で無制限一本勝負。目いっぱい補給。

16

デザートも4種類ほど食べて、大満足。

さあ、買い物に興味の無い男子組は、女子チームと分かれて、

15~20分ほど車を走らせて、内灘へ。

17

大~きな海賊船の遊具がある公園へ。

18

おっかけっこをするように駆けずり回って、

19

『あかん・・・父ちゃんはもうヘロヘロや。休憩しようぜ。』

  

こんな展望台へ。

21

階段疲れるなぁ~

22

イイ眺め~

25

天気がよければ山並の眺望も良い様ですが、

24

残念。今日は曇天。

  

『おっ。』こんな集団も。

26

  

ひとしきり遊んだら金沢駅まで戻って、再び全員合流。

27

  

『金沢21世紀美術館』へ移動。

28

29

21世紀美術館といえば、このプールですよね。

30

   

いつも工作などが楽しめるキッズスタジオがあって

今日は何やってるかなぁ~♪って期待して行ったのですが、

今回のは幼児向けの内容だったので、不参加。

  

複数あった展覧会も、子供的には・・・だったので、

無料スペースでの~んびり過ごしました。

ロッキングチェアーで寛げるこんな場所

31

正面の窓からは、屋根の上で空に定規をあてて測っている男。

32

  

一番気に入って癒されたのが、石の壁のこんな部屋。

33

34

天井に大きな四角い明かり取りがあって、瞑想でも出来そうな部屋でした。

  

美術館を出たら、ぶらぶらと散歩。

朝も来た長町界隈へ。

35

「あははー。屋根から松の木が生えてるよ~。」

36

  

帰りは、醤油蔵が立ち並ぶ金沢港の大野地区。

以前、自転車のツーリングでも寄った『もろみ蔵』の醤油ソフトクリーム。

37

皆小腹が空いていたので、更にぶっかけうどんを注文。

茹でたてのうどんに、

生醤油やダシ汁、薬味等を好みでかけて味付けしながら食べる。

これは本当に美味かった。

  

最後に石川県庁近くの本屋さんに寄って・・・

ココはお勧めですよ。

既に夕方で帰りの時間が心配のため、ゆっくり出来ませんでしたが、

2時間位は余裕で過ごせそうな場所です。

今日、おねえちゃんは服を買ってもらえたので、

男の子二人には本を買ってあげました。

  

「楽しかったね。」

なんだかんだと盛り沢山。

随分欲張りな日曜日でした。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

雨上がりはやっぱこの遊び

昨夜は夜更かしをして、

今朝はたっぷり寝ようと、目覚しをかけずに寝たのに

しっかり4時台に目覚めてしまった。習慣って凄いです。

一旦は起き出してきたけど、トイレへ行って、やっぱもう一度寝て、

8時、再起床。

起きると妻は居ない。子供は皆起きてテレビを見ていた。

今日は主夫。早速朝食の世話から・・・。

  

重~い体でダラダラと家事をこなし、

午後、妻が帰宅したら全員でお出かけ。

主に女子チームのリクエストで、漫画&DVDを借りにTSUTAYAへ。

長女は色んな意味で女の子らしくなってきた。良くも悪くも。

最近急に、自分の部屋を綺麗にするようになってきた。

空いた時間は部屋の隅っこで漫画や本を読みふけり、絵を描くのが凄く上手。

ここ1年ほどで視力がガタ落ちした。

口が達者で、妻と反りが合うのか合わないのかよく分らない。そんな年頃。

末っ子は最近 『バカ殿』 のDVDが大のお気に入り。

物凄く楽しそうに、大声で笑いながら、夢中で見る。その末っ子を見ているのがイイ。

  

コンビニでおやつを買い、私は妻に運転を代わってもらってビール飲みながら、

夕方前の田園風景へ。

  

雨上がりは、やっぱ魚とりが楽しい。

Img_4892

最近では、長男にはもうアドバイスをする必要が無い位になった。

水路の角、草が生えている陰、自分で次々とポイントを見つけ、上手に網を入れる。

どんどん、色々捕まえる。

長女は車の中で漫画。

  

いつものように共同作業で 『追い込み』 をやると、

「わ~い♪大漁!大漁!」

Img_4897

   

「あぁっ!今何か!すげぇー大物が逃げたぁぁぁー」 

一旦網に入った手応えがあったのに、反転されたよう。

男子三人の緊張度が上がって、

「そっち塞げー!」

水路のアッチとコッチから、網を入れたまま、探りながら徐々に詰めて行って、

「とれたぞー!!!」

(うわぁぁぁ~~~~~shock

お父ちゃんの網に入ったのは、

Img_4900

『ウシガエル!』

で、でかっ!重っ!(全長約20cm)

コイツが動く度に、子供たちも思わず後ずさり。

(父)「さわってみろよ~ぉsmile

(子)「いやー!!!bearing×2」

(父)「にがすぞー。smile

(子)「うんうんうんcoldsweats02

  

こんな物も採れてしまいました。

『ミシシッピアカミミガメ』

Img_4896

祭り屋台やペットショップで売られる 『ミドリガメ』 です。

飼えなくなって逃がされる(捨てられる)、なれの果ての姿。

甲羅の大きさが30cm以上にまで成長します。

子供達は持ち帰りたがるけど、我が家で飼うスペースも、責任を果たせる自信も無い。

思いっきり外来種で、どんどん圧迫されつつある日本古来の亀の事を思うと、

再放流はとっても気が重いけど・・・

複雑な思いで、逃がしました。

  

  

「あははははー!」 末っ子大喜び♪大笑い。

長男が、川にはまりました。

Img_4902

浅い水路だから、尻餅ついたって大丈夫だよ。^^

でも気をつけろ~、こんなのもいるからな(笑)

Img_4890

(私が子供の頃は、当然素足で田んぼに入って遊んでいましたので、

 何度もヒルに吸い付かれた経験がありますが、調べてみたら

 この画像の緑色のは、『ウマビル』と言って、『チスイビル』とは別種だそうです。

 巻貝類(タニシみたいなの)が主食だそうですが、肉食にはかわりなく、

 カエルに向かってくっついて行くのを目撃した例などがあるそうです。

 事実私も、緑色のにもくっつかれた覚えがあると思うんだけどなぁ。

 チスイビルは褐色。生息場所は同じ感じのようですが、

 普段は魚などに取り付いて血を吸うため、

 農薬の影響などにより田の魚が消えたのに伴い、数は減っているそうです。

 同じく血を吸う『ヤマビル』は、本来全国分布ではないのに、

 近年シカやイノシシ、サルといった野生動物?の増加により、

 生息地がどんどん拡大しているそうです。福井県も含まれます。)

  

フナ、メダカ、タイリクバラタナゴ、タモロコ。

ドンコも1匹採れた。

  

こんな外遊びの時はいつも、

簡易蛇口+ホースのついたポリタンクに水を満タンにして車に積んでいきます。

子供達の手足を洗って、長靴も洗って、

長男のズボンを脱がせて、

「楽しかった♪」

ルンルンで帰宅しました。

何だか久々に休日らしい休日でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

朝ヘロ4

曇天。朝日拝めず。

  

さすがに体の元気は下降気味で、走りの内容は全然ダメ。

それでも、乗ったら乗っただけ、何かしら、僅かでも身になれば・・・

と思いながら、えっちらおっちら。

  

今日の二枚田ゲートは、バリケードが除けてあった。

Img_4883

これって、

入ってもいいの?ダメなの?

  

ゲート脇の花。

『 エゴノキ 』

Img_4886

『 コアジサイ 』

Img_4889

コアジサイは、入浴剤(バスクリン)の様な、爽やか系の芳香があります。

私は好きな花です。

  

下りで、いつもの彼とすれ違った。

お互い笑顔で大きな挨拶!嬉しい。

彼はいつも、私の10~20分後に登ってくる感じ。

中2日で朝練なのかな?

一度、話をしたり、一緒に走ったりしてみたいけど、平日の朝は時間が無くて中々。

  

今日は自転車通勤も止めて、明日は休養日にします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

朝ヘロ3

Img_4868

今日も気持ちの良い日の出。

  

寝不足。

タイムは毎日ちょっとずつ悪くなっていきます。

続けて行くためには、どんな感じで休養を挟むのかも大切なポイントでしょうが、

明日も天気良さそう・・・(TT)

  

行き帰り、日野川堤防から見える火燈~富士写の山並が

朝焼けの空を背景に浮かび上がっています。

生まれ育った故郷から見る夕方の西の空には、

ちょうど同じような雰囲気で伊吹山~養老山脈が見えます。

そんなことを思い出しました。

Img_4871

  

【 今朝の庭 】

ミニバラが数種類咲き続けます。

Img_4873

  

『 柏葉アジサイ 』 が見頃です。

Img_4875

  

『 ユキノシタ 』 も長く咲き続けています。

Img_4876

  

ユリの蕾が膨らんできました。

Img_4877

春江はユリの町。

ゆりの里公園では6月いっぱい、ゆりフェスタを開催中です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

朝ヘロ2

昨晩腹いっぱい食べ過ぎて、

胃もたれの様な症状が辛い。

早目に寝たのは良かったが、食後、就寝までの時間が短すぎたか。

  

馬の里前通過タイムが昨日より1分遅かった。

こりゃあアカンと頑張って、そのままのタイム差を維持してゲート前。

Img_4855

今日は空が明るくて気持ちが良かった。

いかにも一日の始まりって感じ。

  

【 今朝の庭 】

Img_4857

  

『 スモークツリー 』 に花?が出てきました。

Img_4861

  

ミニバラ 『 テディベア 』

Img_4864

  

昨日、ジテツウ帰りに九頭竜CRで

若い青大将に遭いました。

Img_4852

正面から撮ろうとしたら逃げられました。

  

宝くじでも買いに行けば良かったかなぁ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

朝ヘロ

遅ればせながら、2011シーズンがようやくスタートです。

一年振りの奥平朝練へ。

九頭竜CR~明治橋~西郷トンネル~奥平

本当は区切り良く、月曜日の昨日から始めたかったが、

昨日はPTAの役で、子供よりも先に登校して、校門前で立たされていました。

  

3:55 起床

4:05 自宅発

薄明が始まりつつあるが、雲が多くて暗い。ライト無しでは全く走れない。

明治橋辺りでかなり明るくなって、周囲が見えてくる。

4:36 ほんごう馬の里前通過

4:56 二枚田ゲート前着 

Img_4835

曇り空で、日の出が見られなかったのが残念。

  

帰りの下り、

昨年も何度かすれ違った彼が上がってきた。

相変わらずコンパクトに上半身を畳んだ見事なクラウチングで、

力強くグイグイと登ってくる。

『あ~。やっぱ彼は朝練続けてたんだなぁ。』 嬉しくて顔がほころんだ。

すれ違いざま、控えめながら太く短い体育会系の挨拶が飛んできて、

体はヘロヘロだけど、とっても爽快な気持ちになった。

  

日野川堤防まで戻ってくると、CRにはウォーキングの方が出てきている時間。

会釈を交わしながら、

なんとか最後までダレずに走れた。

5:43 帰宅。

  

【 今朝の庭 】

『 カシワバ(柏葉)アジサイ 』 が開花し始めました。

Img_4836

Img_4837

  

春先から長く咲き続けてくれている花達

『 クレマチス 』

Img_4839

『 チェリーセージ 』

Img_4841

『 ハニーサックル(突抜忍冬) 』

Img_4850

  

最近咲き始めた花達

『 ミニバラ 』

Img_4842

『 バーベナ 』

Img_4848

  

『 ブルーベリー 』 の実が膨らんできました。

Img_4843

『 ジューンベリー 』 の実は色づき始め

Img_4846

名前の通り、6月が収穫期のベリーです。

花も、実も、葉姿も、紅葉まで楽しめる。お勧めの庭木です。

  

    

正直、時間的にも、朝練にはちょっぴりキツイこのコース。

週に3回位は行っときたいけど、

さて、続きますでしょうか。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

養子をいただく

山ヤのゲンゴロウさんに、ブナの苗木を戴けることになり、

YAMAさんと一緒に、お宅へ伺わせていただきました。

山好き、雑木林大好きの私。ブナって何だか特別な木です。

どんな木に会えるのか、とっても楽しみ。

  

ゲンゴロウさんは、

緑たっぷりの、のどかな空気の中に、素敵なログハウスにお住まいです。

Img_4812

(プライバシー侵害みたいな写真をいっぱい載せちゃいますが・・・ごめんなさいcoldsweats01

  

ゲンゴロウさんに初めてお会いしたのは、白山の大汝峰の頂上。

以前からネット上で拝見しており、憧れの山屋さんでした。

その後、自転車のツーリングでご一緒したこともあり、今に至りますが、

初対面の時からず~っと、

誠実で実直なお人柄の印象と実像は、今日もそのままです。

ご家族も、無邪気なお子様も、本当に温かくて

素敵な時間を過ごさせていただきました。

  

で、

苗木を戴きに行ったのに、ずうずうしくも、色々と見せてもらっちゃいました。coldsweats01

   

こんな秘密基地や、 (読書しながらローラー漕ぐそうです。いいなぁ~)

Img_4815

珍しい自転車が並びます。フレームの、BBやエンド周りの処理が興味深かった。

   

こんな秘密基地や、(ゲンゴロウさんは木工の達人でもあります)

Img_4818

   

食糧生産基地や、

Img_4817

ブルーベリーや葡萄の赤ちゃんも出来ていました。

  

ジュニア君の秘密基地?や

Img_4816

これは本当に素敵!羨ましいぃ~!

  

核心の地下秘密基地。

その入り口には、憧れの山スキーの板。

Img_4819

更に奥へと進むと・・・

これはもう、スペシャル・ワンダーランドです。

Img_4823

地下室ながら、空調により湿度までちゃんと管理されている。

ゲンゴロウさんの書斎(???)は、男の夢の結晶みたいな空間。

様々な山道具が、綺麗に整理整頓されています。

Img_4824

見たことも無いようなプロ仕様の道具の数々。

一つ一つについて話を聞いていたら、いくら時間があっても足りないでしょう。

Img_4821

そして、何よりも印象深かったのは、

『 山ヤ 』 の象徴

地図。

Img_4822

机の上はこの眺め。

棚の中にも、綺麗に畳んで整理された地図の数々。

ゲンゴロウさんの凄いところは、

地図も道具も、単なるコレクションではなく、実用ツールだということです。

  

私が、いくら山が好きだといっても、きっと、この世界にはとうてい辿り着けない。

何段階も上の世界に居る人なんだなぁと、改めて実感しました。

  

御自宅にも上げていただき (奥様すいません)

憧れの薪ストーブ。

Img_4827

火が入っている季節に再訪させていただきたくなります。

 

気持ち良い風に吹かれながら、お庭でコーヒーとお菓子を頂き、

アットホームな御家族の雰囲気にとっても癒されました。

  

あ、言い忘れましたが、

何が凄いって、

この家全て、家も、階段も、建具も、家具も、とにかく目に入るもの全てが、

ゲンゴロウさんの手作りなんですよ。^^

  

つい甘えて、長居をしてしまいました。

最後も皆さんでお見送りをしていただき、

本当に、色々と感謝感謝。

  

帰宅後、

戴いたブナの苗木を眺めながら、

(あ、コレが本題だった。^^;)

Img_4829

さて、この庭の何処に収まるとイイ感じになるかな?

ニヤケ面で、苗木をツマミに、美味しい酒が飲めました。

  

大切に育てます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

実感と喜びに満ちた汗

今日は絶好のライド日和。

赤いマシンに跨り、気持ちの良い風に吹かれよう!

   

コックピットからの眺めはこんな感じ。

01

ハンドルは、片手操作が基本。

02

空いたもう一方の手で、その他のレバーを操作する。

  

義父があまり動けない体になってしまい、

田圃仕事は私が貴重な男手。

昨年来、機械に乗って中心的な仕事をこなします。

  

兼業農家では、ゴールデンウィーク中心に田植えを済ませる事が多いですが、

そうすると、真夏の最も暑い時期に稲穂が出てしまい、

胴割れといわれる症状が出たりして、米の品質が下がってしまうそうです。

それ故、コシヒカリは特に遅植えが良いとの事で、

我身内は毎年6月頭の田植えです。

梅雨が近付き、天候不順に悩ませられる時期とも重なるのですが、

今年は幸い、これ以上無い好天に恵まれました。

  

車体脇に出ているこの棒が、

03

さっき植えた端の列の頭を撫ぜる様に行けば、苗の幅が揃うのですが、

それにばかり気をとられていると、クネクネの列になってしまい、

僅かなズレをなぞって、後々どんどん酷い事になっていきます。

で、反対へ目をやると、こんな車輪が土をかいて進んでいるのですが、

04

行き止まりで方向転換(コレが腕の見せ所!)をすると、

車輪が付けた跡がなんとな~く見えて、

05

車体の中心でこの跡をなぞっていくと、いい感じに列が出来上がっていく仕組み。

なんだけど、

水が深い場所だったり、風で波が立っていたり、お日様の向きが悪かったりすると、

ラインが全然見えなくて、真っ直ぐ走るのに苦心します。

まあ、私は根が真っ直ぐな人間なので、問題無いですが。(^^;)

  

人手がギリギリなので、

シルバー(人材センター)さんに、一人応援に入ってもらっています。

10時、3時の一服などに、この方に聞く昔話がとっても良かった。

戦争、福井大震災、全てリアルに知っていて、話せる方です。

戦災・震災で全てを失ってしまい、

小さな頃から毎日働くのが当たり前で、

子供の内から、切り出された勺谷石を担いで運んでいたり、

その際に、石を背中から降ろさずに休憩する方法を実に付けさせられること。

炭焼き小屋から木馬(きんま)と呼ばれるもので山の下まで炭を運ぶ仕事のこと。

教科書は自分の稼ぎで買っていたこと。

牛乳配達など、朝の仕事もしていたので、

雪の降った日は、学校の先生が遅刻を黙認してくれていたこと。

涙が出るような、感動にも溢れた、そのお話の内容について書こうとすると

長文を2~3晩書かねばならないので、

私の心の財産にさせてもらいます。

我が子にも語り継がねば・・・。

     

日が傾いてきて、

「今日は終わりにしよかぁ~!」 って声が掛かって、

今日は、(田んぼ)1枚とちょっと。

  

たっぷり汗をかいた体で、

ヒリヒリと真っ赤な顔で、真っ赤に日焼けした腕を組みながら、

仕上がった水田を眺める。

06

この時間、この瞬間が、最高に幸せなんです。

一面に広がる赤ん坊達が風になびく姿が、心からいとおしくて。

  

第一次産業って、

労働に対する実感と満足感と喜びが、ハンパ無いです。

  

毎日、感謝してメシ食います。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

今朝の庭

品種名は知りませんが、

我が家で最も薔薇らしい薔薇が開花しました。

Img_4777

これぞバラです。

真紅のベルベットが美しい!

一重好きの私でも、惚れ惚れします。

  

妻好みのミニバラも。直径2cm程のカワイイ花です。

Img_4780

  

『ゼラニューム』 が咲き始めました。

Img_4784

ゼラニュームの仲間は人気の花なので、品種も多く、

ハーブ的に香りがあります。

我が家のは、特に香りが強い品種で、

『避蚊草』という通称で売っていることもある種類。

葉を手にとって揉んだりすると、強い香りが立つので、

庭に出る時は、

葉を一枚ちぎって、こねこねして、肌が出ている部分をなぜれば

蚊よけになります。

  

『ユキノシタ』 が満開です。

Img_4786

  

『チェリーセージ』 は、咲き始めは赤一色が多いのに、

後の方になると白っぽい花が多くなります。

Img_4787

  

『クレマチス』 も、まだまだ咲き続けます。

Img_4788

   

ジテツウ帰りの麦畑も美しい。

Img_4789

  

一年の内でいつが最も美しいかと問われても、

雪の冬も、

芽吹きの春も、

花の春も、

萌えの初夏も、蛍の梅雨も、

勿論、紅葉の秋も、

落葉の晩秋も、

そして、

冬も。

全ての時間に魅力があって。

  

日本の四季ってのは、

本当に素晴らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

臨時開講願

今朝の路面は濡れていたけど、

この後、昼頃には激しく降りそうだけど、夕方には晴れる予報。

ジテツウ。

  

なんか調子が悪い。

歯が飛ぶように、シフトの入りが悪かったり、急に隣のギヤへ落ちたり。

ず~っとそんな感じ。

『あぁ crying この間自分でワイヤー張り直したのがマズかったかぁ。』

だましだまし走って、ストレスたっぷりで職場に着いて、

『昼休みに調整し直さなきゃぁ・・・』

って、ふと見ると。

  

『んんんっ!?   ヴァァァァァー!!!!!』

  

01

チェーン切れかかってるぅぅぅ (TT)

『よ、良かった~通勤途中で切れなくて~。』

おまけに、最近濡れるのが平気になったせいで、錆びが出まくってるしぃ。

オイル切れてるしぃ。

猛反省。

  

昼休みに職場近くの自転車店へ持ち込んで、

「つなぎ直してください~ m(__)m」 ってお願いしたら

チェーン切りはあるけど、ピンが無い。

『え~!うそ~!!! ほ、ホントに自転車屋・・・』 とか思ったけど

一応、外れかかっているピンを入れ直そうとして、色々やってくれました。

頑張ってくださって、応急処置的に走れるようになって、

「タダでいいよ。^^」 って。

なんか悪いな~と思いながら、お礼を述べて、次の店へと走る。

  

次に訪れた自転車店では、店主、状態を見るなり、

「これは直せんわ!チェーンごと換えなアカン!」 って、商売っ気丸出しで

チェーンを換えろと言う。

丁重にお断りして、昼休み時間切れ。

  

帰り道も、別の店に2件寄ったけれど、いづれもダメ。

町の自転車屋さんって、チェーンをつなぐ作業って、意外にやらないのでしょうか。

何処も頼り無かったなぁ。

  

で、だましだまし、ゆる~く走って帰宅。

  

こうなったら、頼みの綱は、あそこしかありません。

P自転車整備技能専門学校校長に泣き付きます。

夕食後、無理を言って、臨時授業をお願いしました。

お仕事から帰宅したばかりの校長宅に押しかけ、着替えもさせず・・・

02

「先生直りますか!」

「う~ん。オペが必要じゃ。」

チェーンカッターの使い方を習います。

03

私のMTBは8速。

P校長は9速用のチェーンとアンプルピンしかお持ちでなく、

この場での処置は無理。

事細かに工具の使い方や手順、コツを教わって、その足で大和田へと走る。

9時ちょい過ぎ、蛍の光が流れるDEPOに駆け込んで、

思いっきり閉店準備モードの店員さんにお願いして、8速用のアンプルピン購入。

  

さて、帰宅後、ドキドキで一人で作業です。

04

あ~!終に切っちゃった!

05

チェーンを軽く掃除して、通し直して、ピンを差し込む。

06

手では、ここまでしか入りません。

これを、チェーンカッターで押し込む。

07

カッターと言いながら、つなぐのも同じ工具。

最後の辺りは、細心の注意を払いながら、

上手く表現できませんが、ピンが入りきって、はまるような感触が僅かにあります。

ピンが収まったら、

08

正に、アンプル(注射用の薬品が入っているアレです)を開封する様に、

ピンの頭を 『ポキッ』 と折ります。

09

ペンチ錆び錆びなのは気にしないで下さい。

  

で、オペ完了です。

10

つないだコマの部分が曲がっているのが判りますね。

かしめたばかりのコマは動きが固いので、

手でクネクネと動かしたり、無理やり曲げたりして、動きをスムーズにします。

最後に、ペダルを回しながら変速動作を確認して、

完璧!

  

校長!上手くいきました!安く済みましたぁ!

ありがとうございました。^^

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »