« 主夫後自転車更に観光 | トップページ | 5月の庭 »

2011年5月15日 (日)

新路開拓アドベンチャー

フェニックススタジアム集合でMTB。ぴろぴろ・マコトブラザーズとご一緒に。

今日は、スタジアムから程近い羽坂町から林道を上がり、

西郷林道~西部林道4号線の更にその先を探索する予定。

連結が不明な下一光または殿下方面へ抜けるルートを探る。

ぴろぴろさんやYAMAさんが、何度かその周辺を走っているものの、

その『連結部分』は空白エリアとのこと。

ぴろぴろ隊長が地図を準備し、地図では不明な山中は航空写真でも調査済み。

行程中、状況に合わせて色々と説明して下さりながら、

3人で協力しての探検ライドとなりました。

  

AM7:00集合で、先ずは羽坂から登り

02

気持ち良い朝の新緑を呼吸しながら、お喋りが止まらず、

気付けば、あっという間に西郷林道とのジャンクション。立体交差です。

03

西郷林道は、センターラインが有る立派な林道。

04

快適に標高を稼ぎながら、大芝山へと差し掛かると再びジャンクションが現れ

05

西部林道4号線に接続します。

06

ここから先はダート。

07

大芝山荘を過ぎ、下り基調になると、豪快な走りが楽しめます。

スピード出しすぎると、プロテクターが欲しい位怖い。

08

途中、リゾート的な素敵な池があります。

09

周辺も、東屋?や散策路が整備されていますが、人っ子一人居ない山の中です。

とっても素敵な雰囲気でした。

  

金刀比羅山を目印に、右側に下一光方面へと分岐する道を二筋程確認しながら、

とりあえず、4号線が何処へ出るのか、行けるのか?を確かめる為に進みます。

が、やがて終点。突然道が無くなる。

11

崖崩れや崩落ではなく、道自体がここで終了。引き返し。

ここへ来る途中、数百メートル手前に、左側の殿下方面へと下る支線があった。

古いが、轍らしきものがあったので、車が上がってきてるってコトは続いている?

期待して下ってみるが、やがて道全体が藪に覆われ始めて、2度目の撤退。

引き返しの押し歩きは凹む。

12

殿下方面へのショートカットは無理と判断して断念。

先程目星を付けておいた下一光方面への支線を下る。

一つ目支線への入り口正面に金刀比羅山ピークが見えていて、

『コッチだよ♪』って呼んでる様に見える。

程なく分岐があったが、金刀比羅山を鉢巻するように行けば良いのだから、左へと。

倒木、藪等が多く、全く車が通れる状況では無いが、自転車はどうにか行ける。

「おっ!ケンメリのスカイラインや~。^o^」

14

私が免許を取りたての頃は既に一世代前だけど、憧れの車だった。

こんな所で、運転席に座る夢が叶うとは・・・

16

・・・入りきれなかった。

「車が有るってことは、道がつながってるってコトだよな?」

皆、テンションが上がって進む。

が、やがて崖が崩れて?塞いでいる箇所に出てしまった。

又も撤退か?いや、一光へ下りれなければ全行程を引き返す可能性が高まる。

本当に行けないのか?慎重に偵察。

17

「どうにかなりそうやぞー!」

協力して担ぎ上げ&手渡し降ろしをすれば、向こう側へ出れそう。

よし!やろう!

斜面に三人が並んで、人介戦術で自転車を上げる!運ぶ!下げる!

18

崖崩れの向こう側は道まで落差があった上に、

こんな時に、よりによって、斜面に生えているのが棘たっぷりの木々。

伝い下り、飛び降りたりしながら、棘刺さってちょい出血で、どうにか成し遂げた。

21

困難に打ち勝つとテンション上がる。

さあ!どんどん行こう!

でも、明らかに、さっきから判ってはいたけど、ここは全然使われていない道。

中々困難な道程。

23

やがて、登山道?になって、終にこんな状態に。

24

ああ・・・(TT)道が無くなってる。

またも撤退。

さっきまでのワハハモードから一転、奈落の底へ。

あの崖崩れを戻るのかと思うと気持ちが折れそうだったけど、

どう見ても他に方法が無い。

泣く泣く藪漕ぎで戻って、再び協力して崖崩れ箇所を戻る。

  

先程の分岐まで戻って、 もう一方へ下る。これが最後の頼みの綱。

これがダメなら・・・ いや。考えるのはよそう。

  

が、やっぱり崖崩れ箇所が現れる。

27

上から巻くか?下の藪を強行突破するか・・・いや、下は無理。上から。

  

枝が多い倒木は、重くて引っ掛りの多い車体を持っていると見た目以上に難しい。

28

足元が揺れる上に、少しでも車体が枝に引っ張られると転びそうになる。

意外に、クリアに時間が掛かる。

そんな事の繰り返し。

  

どんな困難な状況も、だんだん何とも思わなくなってきて、

とうとう、こんな場所も綱渡り。

30

テンションが上がってるのか?下がってるのか?自分でも不明な状況。

でも、道は消えていない。進むぞ。

32

  

そしてとうとう、

真新しい轍がある道へ合流!

33

たぶん、4号線終点から二筋戻った下りがコレかと想像されるが、

あくまでも想像。

  

さっきまでに比べたら、まるで高速道路!!

34

元気復活。

 

すんなりとは下らずアップダウンがあったけど、

やったぞ!下一光の集落へ出た!

36

もう、やりきった感アリアリです。達成感。

  

しかし、隊長プレゼンのルートは、まだ続きます。

金刀比羅山を鉢巻して殿下方面へ出るのが目的なので、

五太子の滝手前から再び林道へとエントリー。

序盤は勾配も穏やかで綺麗な舗装路が長く続く。

このまま行けるんじゃ?って安心しそうになったところで、ダート開始。

38

既に心身共に相当疲労している。こたえます。

  

それでも、こんな、ふかふか杉っ葉の木漏れ日ロードは気持ち良くて♪

39

やがて、越廼方面の海が見えて、ちょい元気が回復。

41

この林道を最後までやっつけると、ココに出る。

42

43

「あ~。やっぱ4号線は未完成なんやー。」 一回目の撤退に納得。

  

せっかくなんで、愛染寺までプチ激坂クライム。

44

反対側へ下って、本当ならば武周ケ池奥から越知山を登ろう!

ってハズだったけど、時間が押し過ぎていて、諦め。

諦めというより、

既に気持ちは満腹な感じ。

フェニックススタジアム方面へと戻る。

 

途中、木陰の下でランチ。

45_2

カップ麺。

お腹が膨れたら、巡航、巡航。

46

こうして終了かと思いきや、

最後にもう一つ、ぴろぴろさんの案内で、

旧清水町へと入る辺りで、こんな道へと進み

47

のどかな里山の風景の中を峠越えで末町へ出る。

日本昔話的な〆でした。

満足満足で、後は下り一辺倒の県道3号線を爆走し、出発地へ戻って

12:30終了。

  

大芝山~西部林道4号線先の状況が判って、

見事に目的は達せられた、充実感に溢れた冒険ライドでした。

|

« 主夫後自転車更に観光 | トップページ | 5月の庭 »

コメント

う~ん、MTBでなければ楽しめないようなエリア、
これはオフロードバイクでも行けないワンダーランドデスネnote
藪こぎって、登山でもアゲアゲなのかdownなのか??
やみくもなトコロがありますねぇ~catface

投稿: フレディ・M | 2011年5月15日 (日) 23時19分

フレディ・Mさん、どうもぉhappy01

これだけの悪路?をクリアする為には自転車もかなりお荷物です(笑)が、
こんな場所へ身を置けるのは、
やはりMTBならではの遊びですね♪

夢中になって没頭しないと、
冷静・客観的に自分達を見すぎると、
馬鹿馬鹿しくてやってられないような世界ですね(笑)

投稿: Fumi | 2011年5月15日 (日) 23時29分

どえらい楽しい事をしていますね(^-^o)
こんなの見ていたらやりたくなってきます
ロードよりも楽しそうですね

担いで登って崖を下る 登山の強力ですね
これから仕事 帰ってからもう一度見よっと

投稿: マサヒ | 2011年5月16日 (月) 07時13分

うわ~★すごいところ通ってますね(^_^;)
まさしく探検ライドですね、
大変だけどでも楽しそう~
無事生還されてよかったです
かよわい女子にはちょっと無理かも~(~_~;)?

あまり深く考えずに・・ですね
新路開拓おつかれさまでした☆

投稿: みっちゃん | 2011年5月16日 (月) 07時23分

楽しそう(^^)

奥越の林道は激坂続きでユルいとこ無いんですよぅ(´Д`)

投稿: MA310 | 2011年5月16日 (月) 08時26分

マサヒさん、こんにちは。happy01

楽しゅうてアカンです。happy02
ロードの爽快感、スポーツ的要素も魅力ですが、
山自転車の世界は、より複雑だと思います。
自転車乗るのに地図の等高線を読んだり、地形を読んだり、
「あっちから谷川の音がする!」とか、そんな会話。^^;
まるで登山ですね(笑)

マサヒさんもF2で、どうですか?^^

投稿: Fumi | 2011年5月16日 (月) 12時31分

ザ マウンテンて感じですね!!
私はこういう新規開拓が苦手なので
今度連れていってくださいね~
でも 担ぎが多そう!?

投稿: あわら | 2011年5月16日 (月) 12時41分

みっちゃん、どうもぉhappy01

引き返すことさえ嫌がらなければ、新路探検は凄く楽しいです♪
どんどん進んじゃえばいいんですね。
で、ダメなら戻れば良い。^^
凄く疲れて凹むけど(笑)

かよわい~?(^^;)女子だってダイジョウブ。
この時だって、1人じゃ絶対に無理!って場所も、
三人で協力するとどうにかクリアできましたから。仲間はいいです。^^

あ、でも、スネやらに傷がいくつも出来ました。
男子は「勲章でいっ!」って感じですが、
女子はちゃんとお肌を隠して参加ね。^^

投稿: Fumi | 2011年5月16日 (月) 12時43分

MA310さん、こんちはぁhappy01

非舗装路の登りって、短距離でもすんごく消耗しますね。
激坂続きってのは辛いなぁ。^^;

投稿: Fumi | 2011年5月16日 (月) 12時46分

あわらさん、どうもです。happy01

連れてってって言われても~ぅ。私も得意かというと・・・coldsweats01
今回はぴろぴろさんが予習をいっぱいしてくださって、
YAMAさんが監修の下、執り行われました。
私は単なる歩兵です(笑)

距離が少なくたって超充実感!超達成感!超疲労(TT)
MTBは凄い運動量ですね。^^
あわらさんは担ぎも強そう♪ぜひ。

投稿: Fumi | 2011年5月16日 (月) 12時53分

こういう遊び方は理想です♪(´ε` )
僕も今度連れてってくださぁーい。

兄貴がお元気そうで何よりです(^-^)

投稿: kotapapa | 2011年5月16日 (月) 13時35分

kotapapaさん、ちわぁ。happy01
兄貴元気ですよー。^^
この日はkotapapaさんの話も出ましたょ。
「MTBの楽しさがわからんとか言っとるから、どうにかせんと!」って(笑)
アドベンチャー行きましょう♪

投稿: Fumi | 2011年5月16日 (月) 17時23分

Fumiさん、おばんですぅ♪
お~やはりあそこは行き止まりでしたか!
それにしても、2.5万地図で点線の道は
やはり怪しいですね。検索しても情報が
出ないはずです。探検、お疲れさま!

投稿: YAMA | 2011年5月16日 (月) 22時16分

 いつかはこうなるであろう、西部林道四号線の行方…、実は僕も四号線の端や支線を覗いたこ戸があったのですが…逃げて帰りました(^^;

 Fumiさん達の知恵と馬力の勝利ですね。

 今度は春日野隧道に挑戦してほしいです^^

投稿: ヤスジロウ | 2011年5月16日 (月) 23時06分

アドベンチャーですね~~paper

ちず丸で探りながら日記読ませていただきましたが
どこ走っているのか、さっぱり分からずwobbly


僕ももっと勉強しなくちゃ~です


西部林道4号線の終点は何処なんだろう?って思っていましたが、疑問が一つ解決されました
ありがとうございます


次回のアドベンチャーも楽しみにしております

投稿: taizo | 2011年5月16日 (月) 23時12分

YAMAさん、おはようございます。happy01

人里離れた山中には、林業がまだそこそこイケてた頃や
景気の良い時代には、ああいった形で随分とお金が使われたんでしょうね。
で、その後放置された感じになって、
埋もれつつある道が沢山あるんじゃないかと思います。
そんな場所はきっと、皆こんな感じで荒れているんでしょうね。

MTBの可能性を大きく引き出せる『燃える』遊びですね^^;

投稿: Fumi | 2011年5月17日 (火) 06時59分

ヤスジロウさん、おはようございます。happy01

私は人並み程度の馬力は出せますが、^^;
今回『知恵』の部分はぴろぴろ隊長の担当でしてcoldsweats01
私がいっぱい出してたのは『大声』と『笑い声』くらいですね。smile

春日野隧道は、水に浸かってるトコをヤスジロウさんが走ってた、あそこですね。><

投稿: Fumi | 2011年5月17日 (火) 07時18分

taizoさん、どうもぉhappy01

林道末端の支線レベルになると、
YAMAさんが言われる通り、地図で見てもイマイチ???
ネットの情報でも出てきませんねぇ。
航空写真まで睨んで検討をしてきたぴろぴろ隊長さすがです。

私は、現場でレクチャー受けただけで、
予習無し(爆)酷い隊員です。coldsweats01

次回は・・・あんまり期待はしないでね。^^;
花を愛でるポタとか・・・^^;

投稿: Fumi | 2011年5月17日 (火) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550090/51678359

この記事へのトラックバック一覧です: 新路開拓アドベンチャー:

« 主夫後自転車更に観光 | トップページ | 5月の庭 »