« 雨上り | トップページ | 新路開拓アドベンチャー »

2011年5月14日 (土)

主夫後自転車更に観光

今日は午前中主夫。

最近の休日はかなりだらだらとした朝ですが、今日は目覚ましをかけて、

早朝から真面目に取り組みます。

食事×2、洗濯機×2、キッチン掃除等々、庭の世話、水槽の世話・・・

食事以外は座る事も無く、本当の主婦みたいに動き詰めで、

昼食後、長女に後を頼んで出発! 12:30発

  

九頭竜CR ~ 上久米田 ~ 近庄峠で、今年初の竹田。

Img_4261

旧道の大内峠

Img_4264

大内隧道

Img_4266

下って、富士写の登山口には自転車3台。

Img_4267

不法投棄、じゃなくて、ちゃんとワイヤー錠まで掛けてある。

我谷から登ってこっちへ下りるんだね。

で、我谷へまわる。

Img_4271

登山口から奥へ、駐車車両がざっと30台以上。人気の山なんだね~。

丁度下山してきた方とお話して、

「シャクナゲどうでしたか?」  と尋ねると、

「ああ、結構咲いてたけど、もう今週で終わりかな~。^^」 って。

ここのシャクナゲ有名だけど、まだ一度も見た事ないや。 また来年か。

  

ここまで順調に飛ばしてきた、が、

我谷ダム~九谷ダムを過ぎて、結構走ってから、ふと気付いてしまった。

今日はこの後、仕事上がりの妻が子供と一緒に小松までやってきて合流の予定。

帰りの車に自転車を積む段取りやら、私の着替えは準備してきたのに、

靴忘れた!

クリート付いた靴で家族と遊べん・・・ことも無いかもしれんが、やっぱ無理!

妻に電話しようとするが、こんな山奥、当然 『圏外』 (TT)

妻が仕事を上がるのが2時。その後直ぐに帰宅して出発するって言ってたので、

タイムリミットは2時20~30分。

携帯が繋がる場所へ出るには、やっぱ峠越えが最短だと思うが・・・

現在地から立杉峠まではたぶん10Km以内。

そこまで行って携帯繋がる保障は無いが・・・。

引き返して山中温泉へ下るか・・・

え~い!行っちゃえ!

頑張ってぶっ飛ばす。

今日は本当なら『山菜でも物色しながら・・・』と思っていたので、

リュックまで背負ってきたのに、それどころではない。

必死にクルクルしていると、こんな山ん中でローディーとすれ違う。

『ん?』 最初の彼、見た事あるような・・・。

『んん!?』 続いて飛んできた赤い物体!

「フレディさん!!!」

まったく(笑)縁がある方とは、こんなトコでも遭うんだねぇ。^^

もう一方は、あちこちのブログでお見かけする「まきちゃん」。

以前、センチュリーランで健森でちょっとだけご一緒したけど、

(当時、赤いネオコットアンカーのカッコ良さをよく覚えています。)

改めて見ると、なるほどイケメン!

Fd12022e783254273118ca1ff258725a

(フレディ・Mさんのトコから画像いただきました)

お二人に捕まってしまい、しばしお喋りで、ロスタイム5分!

「立杉のピークは携帯繋がるよ♪」とのフレディさんの情報に元気を頂き、

「がけ崩れで路面荒れてるから気をつけて。^^」の言葉に感謝しながら、

お別れの挨拶もそこそこに、ぶっ飛ばし再スタート。

山菜ポタのつもりが、

まさか真剣に追い込んで走る事になるとは、超超計算外(TT)

本当なら休憩するつもりの石川県民の森を横目に突き進み、

Img_4274

『じょ、じょこう~? 出来る訳無いがぁ!!!』

こっちはTTモード。真剣です。

ゼェ、ゼェ、ハァ、ハァ、で、2時20分丁度に立杉ピーク到着!

と、と、ととと、とにかく妻に電話!

「あ(ハァ、ハァ)俺やけど(ハァ、ハァ)あの、(ハァ、ハァ)・・・」

初め、何故か妻に警戒されつつ、どうにか伝わって、『間に合ったぁ~』

Img_4275

ようやく安堵。休憩。

全力で上がってきたので汗だく。

ここからの豪快で長い下りは、低体温で倒れるかと思う位辛かったです。

  

4時に航空プラザで待ち合わせ。

自転車積んで、着替えて、やれやれ。

Img_4283

今日は90Km弱しか走ってないですが、ほぼ売り切れ。階段登るのもフラフラでした。

追い込んで走るってのは、やっぱかなり効きますね。

Img_4286

実機も触れます。

Img_4290

この施設自体は無料ですが、フライトシュミレータは500円です。

Img_4292

見学して一息ついたら、小松の街中へ。

  

市役所近くの駐車場に車を入れて、先ずは『お諏訪さん』に参拝します。

Img_4293

今は、『お旅まつり』の真っ最中。

九竜橋川を挟んで、橋北の『お諏訪さん』と、橋南の『山王さん』の春季祭礼です。

とっても伝統のあるお祭りで、

各町内に江戸時代から引き継がれる『曳山』と、

そこで上演される子供歌舞伎が有名です。実は小松は歌舞伎の街。

今日は、その曳山の曳き揃えが行われる日。

  

「何遊ぶか選んどけよ~」 と、境内を抜け、

Img_4295

街へ。

Img_4296

出店を物色しつつ、順に曳山を見学。

Img_4299

こちらの山は、柱の螺鈿(らでん)細工に気合が入っています。

Img_4301

天井絵も見事。

  

一昨年訪れた時は、 全8基が市役所前まで練り歩き、曳揃えられ、

灯りが入った夜、それは壮観な眺めでしたが、

今年は、橋北と橋南が別々の曳揃え。

5基が揃う、小松駅正面の橋南へと向かいますが、その前に駅の反対側へ寄り道。

  

昨日オープンしたばかりの、KOMATSUのテーマパークをちょっと覗きに。

Img_4307

時間が遅くて閉まってたけど。

「スゲェー!」 「でっかぁ~!」

Img_4304

また今度来ようね。

Img_4306

  

さて、駅の正面の通りを行くと、既に5基が揃っていました。

Img_4315

観覧席も設けられていますが、人が溢れています。

皆、子供歌舞伎の開演を待っていますが、その前に市長や知事の挨拶等々・・・。

中々始まらないので、山を見てまわります。

「おっ!豪華な二層だねぇ。」

Img_4316

天井絵はこんな感じ。

Img_4319

そして何よりも、後ろ姿がカッコ良かった!

Img_4322

これらの曳山たちは全て、子供歌舞伎の舞台。

ゆ~っくり日が暮れて、良い雰囲気になってきたところで、開演。

Img_4328

この街の人達は、歌舞伎が好きなんだねぇ。

食い入るように見つめ、声を上げ、拍手する。

祭りは、夜が盛り上がるなぁ。

  

裏路地を巡るお囃子は、これも子供達だけでやってる、お獅子。

Img_4329

勿論、獅子を舞うのも子供。

  

橋北へ戻り、

宵闇が迫ってきて、「お~。いい感じだね~」

Img_4333

こちらは橋北の歌舞伎舞台。

Img_4334

お客さんもみんなで手拍子入れて、熱が入っていました。

  

さあ、待ちくたびれた我が子達を遊ばせなきゃ。

Img_4336

「何やる?」

「何食べる?」

  

最後は再びお宮さんの境内へ戻って、

Img_4340

Img_4342

いっぱい遊んだね~。

楽しかった♪

|

« 雨上り | トップページ | 新路開拓アドベンチャー »

コメント

この記事,そのままウチの連休の思い出に使いたいんですけど,著作権はありますか?

投稿: koukeihaya | 2011年5月15日 (日) 01時25分

は、ははー。剣士様。m(__)m
リンクフリー・転載自由でごぜぇますが、
お旅祭はGWにはやっとりませんですで、
時系列的にばれますですsmile

koukeihayaさんのグレートジャーニーこそ、とっても羨ましいんで、^^;
私の『自転車の思い出』の中にコピーしちゃっていいですか?happy01

投稿: Fumi | 2011年5月15日 (日) 06時08分

一日が凄く長いですね(^-^o)
充実しまくりではないですか

駅ってどこの駅ですか
曳山が凄いではないですか
子供歌舞伎の狂言はなにを演じてましたか
垂井の曳山よりも凄そうですね

子供の親は大変でしょうね
長浜の子供歌舞伎の親も大変らしいですね
見たかった

投稿: マサヒ | 2011年5月15日 (日) 18時30分

いつもブログ拝見させて貰ってますhappy01

昨日は「初めまして」のご挨拶が出来、嬉しく思っています~shine

昨日は奥さんに連絡間に合ったんですね、ホント良かったですcatface

ガラの悪いロン毛の二人(笑)に足止めされて時間を取り戻すべく追い込みモードにしてしまいホントにすいませんでした~coldsweats01

家も近いことですし今度機会があったら走りましょうup

投稿: まきちゃん | 2011年5月15日 (日) 19時09分

携帯電話圏内に間にあってヨカッタですねぇ~coldsweats01
御引き留めしまして恐縮デスnote
小松であんな楽しいコトが待っていたのでは、
急がざるを得ませんヨねぇ~catface
次回お時間の取れる時にでも、県境ライドご一緒願いま~すnote

投稿: フレディ・M@ガラの悪いロン毛其の弐 | 2011年5月15日 (日) 21時08分

マサヒさん、こんばんは。happy01
石川県の小松です。
と~っても充実の、長い長い休日でした。coldsweats01

ごめんなさい、^^;
詳しくないんで、演目はよくわかっていませんが、
『定番中の定番の・・・』とアナウンスが入っていました。
とっても詳しくて、色々と評論している地元の方々の話が興味深かったです。

なんと垂井にも!
長浜にも子供歌舞伎があるのですか!
思ったより裾野の広い文化なんですね。^^

投稿: Fumi | 2011年5月15日 (日) 23時13分

まきちゃん、どうもぉ~happy01

まともに、ああしてお会いしたのは始めてで、
おまけにあんな状況で、私もとっても嬉しかったです(笑)
お蔭様で、ぎっちょんちょん!
出発直前の妻に電話が繋がりましたhappy02

頑張って走ったおっちゃんは、
60Km地点位で、既に売り切れモードでした(TT)
サボり&衰えを実感しつつある私ですが、
機会がありましたら、またご一緒しましょうねnote

投稿: Fumi | 2011年5月15日 (日) 23時19分

フレディ・Mさん、こんばんはぁhappy01

いえいえ、決してガラは悪くございませんが、^^;
あんな場所で出逢っても、一発で判る存在感はさすがです!
なんか、フレディさんとはバッタリ!が多い気がします(笑)

フレディさんに頂いた情報で、
立杉まで追い込むモチベーションが保たれました。
お蔭様で、小松の街をカチカチ歩くことにはならずに済みました。^^

投稿: Fumi | 2011年5月15日 (日) 23時24分

こんばんは

先日、まきちゃんに生FUMIさんに会ったよ~~~って聞きました

何でも急ぎ中でゆっくりお話する事が出来なかったとhappy02


僕と同じく日記を見て是非ご一緒したい~~~と思っていたみたいです


共々、是非遊んでやって下さいhappy01

投稿: taizo | 2011年5月16日 (月) 22時44分

taizoさん、おはようございます。happy01

妻に連絡しようにも携帯圏外で、時間に追われてたんで(TT)
ゆっくりお話できなんだです。^^;

まきちゃんは、『爽やか過ぎる』taizoさんとはまた一味違って、
『マジでモテルぞ』な香りがプンプンするイケメンですねぇbearing
そんなお二人とご一緒すると、
私がかなり見劣りしてしまいそうなんで・・・(TT)
半径2m以内には近付かない様に(笑)ついて行きますんで
お願いします。^^

投稿: Fumi | 2011年5月17日 (火) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550090/51672148

この記事へのトラックバック一覧です: 主夫後自転車更に観光:

« 雨上り | トップページ | 新路開拓アドベンチャー »