« 1月の総括 | トップページ | 赤鬼撃沈 »

2011年2月 2日 (水)

新雪たっぷり取立山

火曜日

豪雪から一転、翌日以降の天気予報が久っさびさの晴れマーク。

それも1日だけではなく、2日間以上にわたっての好天。

居ても立ってもいられず、

「急で申し訳ないのですが・・・」 と職場に休暇申請。

夕方以降も少し残業をして、なんとか休みを認めてもらいました。

夜、YAMAさんに電話して相談。

取立山に登ろうと思うのだけれど、

雪山初めての私が、この豪雪直後の状態で行っても大丈夫なのか?

一応、YAMAさんは許可を下さいましたが、やはり心配そうなのが伝ってきます。

装備やら、出発時間やら、コースのことやら、色々とアドバイスを戴きました。

   

今朝、4時過ぎに目が覚めてしまい、興奮して二度寝が出来ない。

5時半に布団を出て朝食。

通勤ラッシュの街を抜けて、東山いこいの森近くの駐車帯へ。

一台、先客が居ました。

『よかった~』 一気にプレッシャーから開放されます。

昨晩念入りに地形図とにらめっこして、読み方の練習はしてきましたが、

やはり自分でルートを決めるのは不安。

   

(8:57)

さて、ここから入山です。

00

やわらかな新雪の上に、先行者の足跡はスノーシュー。

辿って踏みますが、ワカンの私。

20~30cm程の深さの、スノーシューの踏み跡に足を置くと、

そこから更に20cm程沈みます。

試しに新雪の中へ歩み出てみると、膝上まで簡単に沈む。

なるほど大変な体力が要る。こりゃぁ先が思いやられます。

   

いこいの森キャンプ場の建物はこんな感じ。

01

地上3m位のところを歩いている感じでしょうか。

   

黙々と歩きます。

途中、歩みを止めると、一気に信じられないような静寂。今日は風が無い。

03

上の駐車場手前で、先行者が見えてきました。

04

やがて追いつき、見晴らしの良い場所で休憩。

金沢から来られたという 『 Sさん 』

05

ここまで楽をさせて頂いたお礼を言い、

この先のコースやアドバイスをもらって、ここからは私が先行してのラッセルです。

   

森の中は、動物達のスクランブル交差点。

06

生き物の足跡が無い場所が無いくらいです。

  

駐車場から上は夏道の登山道が在り、尾根へ向かってつづら折りのはずですが、

ここが道かな?と思えるのは、ほんの極一部。

Sさんいわく、今日の雪はやはり特別酷いから、

私が来なければ引き返そうと思っていたそうです。

何度も斜面上を見上げ、林の中、出来るだけ最短を選びながら、

ここからは傾斜も強くなってきて、ルート取りに苦心します。

傾斜が強いと、トラバース気味に・・・と思っても、足場がずるずると下がる。

直登の方が安全そうな事もあって、ついついキツイ登りに。

ストック2本を斜面に手首まで突き刺して、体を持ち上げようと思うけど、

足場が固まらない。崩れるだけ。

一向に進まない。必死のラッセル。

木の枝を掴もうと株へ寄っていくと、

枝下や株周りには雪洞が隠れていることがあって、はまって更に難儀したりする。

ここが今日一番の難所でした。

最短で尾根を目指し過ぎて、明らかにルートミスなのでしょう。

どんどん切り立ってくる斜面にへばりつくように格闘していると、

頭上をヘリが通過していきました。青い。

福井県警のかな?と思いながら、もがきを続けていると、引き返してきて、

私の後方で、少し様子を伺って去っていきました。

   

どうにかこうにか、緩斜面まで這い上がって休憩していると、

私の跡をトレースして、女性が上がってきました。

勝山からこられた 『 Oさん 』

07

この方もスノーシューです。

3人になりました。心強い。

ここから暫くは、3人で交代交代のラッセルです。

それにしてもOさん、凄い健脚。力強い登り。

09

ウサギの足跡が山頂方向へと案内してくれています。

振り返ると、ご趣味の写真を撮ったりしておられたSさんが追ってきます。

10

最後の急登をやっつけて、

11

ようやく尾根道へ出ました。

12    

   

先頭を担当すると、こんなに気持ちの良い場所へ踏み出す事ができます。

13

でも、疲れます。 急登ラッセルで消耗してしまいヘロヘロの私はすぐ交代。

ごめんなさいOさん。後半はほとんど甘えてしまいました。

疲労感も、Oさんとのおしゃべりで随分と紛れ、

おかげで、ほぼ休憩無しで歩き続けられました。

  

よし! 頂上が見えてきた!

15

尾根には雪庇の美しい造形。

16

尾根上部は、所々小さな亀裂も入っていましたが、然程危険は感じません。

結局ここまで来ても、今朝の冷え込みから期待したほどには雪が硬くなく、

というより柔らかく、最後までふかふかラッセルから開放される事はありませんでした。

  

終に来た!頂上! (13:13)

その向こうには当然 『 白山 』

17

素晴らしい眺めでした。

感激です。

これが見たくて頑張ってきたんです。

手前の樹林帯が、着雪か樹氷かよくわかりませんが、不思議な芸術作品でした。

  

神様ありがとう。

  

Oさん 「やったー!」

18

Fumiさん ヘロヘロ~。

19   

    

Oさんは、時間的に心配な事があるそうで、すぐに下山開始。

20

あっという間に見えなくなりました。

  

私も、時間的な事が全く読めないので不安で、後をついて行こうかと悩みましたが、

やっぱ、折角なので、

暫く山頂独り占めで寛ぎます。

21

カップラーメンを・・・と思いましたが、

22

何だか気持ちで満腹で・・・やめた。

そんな事より、この景色、空気をいっぱい楽しみたくて、心に焼き付けたくて、

何もせずにその場に身を任せて過ごしました。

  

     

仕方ない。帰ろう。

振り返ると、自分達が付けてきた道。感慨深いものがあります。

23

無我夢中で登ってきたので、あまり周りが見えていませんでした。

あんな尾根をず~っと来たんだなぁ。

24

  

暫く歩くと、

おっ!別の人が上がってきた。

26

お~。いい笑顔!ナイスガイや~。

27

28

加賀からこられたという美男美女カップル。

なんとこのお二人も今日が雪山デビューだそうです。

「ワカンの練習してから来たんですぅ。^^」

わははーボクも一緒♪

こんな場所で人に遭えると、凄く嬉しい。

今日この山に登ってきたのは、(私も含めて)以上5人でした。

  

写真を撮りながら寛いでいたSさんにお礼を述べ、再会祈念。

29

片付けながら、「ワシも今から頂上まで行ってくるわぁ」 と、Sさん。

    

尾根道から駆け下りて、所々オシリで滑って、再び林の中へと。

30

左が登ってきたトレース。右はOさんがスノーシューでぶっ飛ばして帰った跡。

  

31

何度も立ち止まって、心地よい林の静寂。

32

あ~最高の一日が終わっちゃう。

   

Sさん、Oさん、本当に有難うございました。

トレースも無い雪山で、私のような初心者が登頂できたのは、お二人のお陰です。

一人だったら、何処かで時間切れになって引き返していたと思います。

今日は素敵なご縁があって本当に良かった。

  

終わっちゃった。

駐車帯着(15:17)

33

またくるよ。

  

大雑把なルート図

|

« 1月の総括 | トップページ | 赤鬼撃沈 »

コメント

Fumiさん、おばんですぅ♪
雪山デビュー、おめでとさ~ん(^^)
とうとうやりましたね。後から来た人は
あきらかにラッセル泥棒でしょうねえ(失礼)
スキーならもっと楽に登れると思いますよ。

3人で大きな力、3本の矢のたとえみたいです。
取立山はアプローチが良いのと、白山の展望が
素晴らしいので人気があるのもわかりますね。
とにかく、お疲れさま~!

投稿: YAMA | 2011年2月 2日 (水) 23時57分

YAMAさん、本当に色々と感謝感謝です。weep
ありがとうございました。
どうにかここまで漕ぎ着けました。
ちょっぴり自信とやる気も沸いてきました。

後からこられた方にお礼を言われて、
何だかこっぱずかしい様な、嬉しい様な、不思議な気持ちでした。^^

私には、もう新雪こりごり的な(笑)条件でしたが、
スキーの方には最高の条件だったんじゃないかしらと思いました。
これだけの好天だったのに、スキーヤーが居なかったのが少し不思議でした。

本当に一人じゃなくて良かったです。
次はYAMAさん♪
お願いしますよ~happy01

投稿: Fumi | 2011年2月 3日 (木) 00時16分

ラッセルの先頭って、ホントに疲れるんですよねぇ~catface
かんじき履いても腰まで埋まる雪の中・・・sweat02
う~ん、懐かしいconfident

今はスノーシューですか?
かなり快適そうですが、なかなか高額なような・・・sweat01

投稿: フレディ・M | 2011年2月 3日 (木) 07時55分

すごーい(^O^)

いきなり取立山行くなんてヘタレな僕には真似できましぇん。

近いうちご一緒しましょう♪

投稿: MA310 | 2011年2月 3日 (木) 12時33分

フレディ・Mさん、こんちわ~happy01

スノーシュー。ふかふか雪面ではあちらが一枚上手ですね。
でも、急傾斜の登坂なんかは、う~ん、ワカンに軍配かなぁ?
まあ、雪が締まって落ち付いてしまえば、
『ちくしょ~う!スノーシュー欲しい~!』って場面も減るんでしょうねcoldsweats01

スノーシュー1個でワカンが3個くらい買えちゃいますからねぇ。
って、3個も要らないんですけど(笑)

投稿: Fumi | 2011年2月 3日 (木) 12時36分

MA310さん、想像以上にキツかったです。coldsweats02
へ~ろへろの、へたれまくりでしたよ。crying
初めてってのもあったでしょうが、
自転車で200Km走るのより辛かったです。

MA310さんはスノーシューお持ちですもんね♪
いいコースありますかね~。

投稿: Fumi | 2011年2月 3日 (木) 12時43分

単独での雪山登山ですか!
根性ありますねwink

道中、心細くなったりしませんでしたか?


僕は雪山登った事ないので
また今度、ゆっくり話し聞かせて下さい

投稿: taizo | 2011年2月 3日 (木) 13時36分

Fumiさん、こんばんはぁ~(*^。^*)

ついにこの日が来ましたね
本格的雪山登山、おめでとうございます☆
私もここがスタートだったのでその時を懐かしく思い出しました
片足のワカンをもう一方のワカンで踏んづけてひっくり返っちゃう
・・なんてこと多々ありませんでした?(←私(~_~;))
初雪山で初ラッセルなんてさすがFumiさん、体力ありすぎですね
泣いてたお道具さんたちも嬉しそうです♪

もうしばらくしたら雪も締まってくるので
次はアイゼン・ピッケルで取立山に行ってみるのも楽しそうですヨ
スノーシュー一台分+αで山ビンディングが買えるかも(^_-)-☆

私も週末、神様に逢いに行こうかなぁ♪
おつかれさまでした~

投稿: みっちゃん | 2011年2月 3日 (木) 21時39分

どこか良いコースは?と聞かれても僕は本格的に登ってないんですよw

低いところをテクテク歩いた程度ですm(__)m

投稿: MA310 | 2011年2月 3日 (木) 21時51分

おぉぉぉ!すげぇ本格的ですねぇ(*´∇`*)
僕も竹田限定で雪山の散歩にはまりつつあります(^^)
お買い得価格のスノーシューも買いましたが、まずは愛すべき竹田を網羅したいです(^^)

とにかく安全第一で楽しまないといけませんね

投稿: kotapapa | 2011年2月 3日 (木) 22時22分

みっちゃん、ありがとうございますぅ。happy01

行くぞ行くぞと言いながら随分経ってしまいましたcoldsweats01
ようやく夢の第一歩を踏み出せた感じです。
一緒になった方のお陰で、無事登頂できて、
『途中撤退』などと苦い思い出にならずに済みました。
大満足の初チャレンジでした。^^

気持ちの緩んだ帰り道は、
何度もオシリで滑ったり、ワカンでワカン踏みましたよ~(笑)
一度なんて、思いっきり斜面下へ向かって前転して、
起き上がるのに難儀しましたぁ。bearing

そうですね。
次はラッセル少なめで^^;、アイゼン付けて歩いてみたいです。
次はドコ行こうか、わくわくします。

この週末は、お天気まずまずみたいですね。^^

投稿: Fumi | 2011年2月 4日 (金) 06時52分

MA310さん、低山歩きいいですよね。happy01

私は基本『森が好き』なんで、
雑木林の中を歩いているだけで幸せです♪

投稿: Fumi | 2011年2月 4日 (金) 06時56分

kotapapaさん、おはようございますhappy01

なんだか皆さん、雪上歩きがかなりきてます(笑)ねぇ!
おお!早速スノーシューいっちゃいましたかぁ。
さすが物欲王happy02

そうですね、安全第一で。^^
美味しいカップラーメン食べに行かなきゃね♪

投稿: Fumi | 2011年2月 4日 (金) 07時01分

taizoさん、ごめん!コメント飛んでたぁ!coldsweats01

不安より、超わくわくで楽しさが勝った一日でしたよ♪
今回は暖かい季節に一回登ったことのある山だったので、
「まあ、なんとかなるかな?」って思ってましたが、
とてもとても一人じゃ無理でしたぁcoldsweats02

またぁ~paper

投稿: Fumi | 2011年2月 4日 (金) 07時25分

ついにやりましたね!
イイ天気で羨ましいな~。次はどこの山かな?と、いろいろ悩むでしょうね~。
展望のよい山は最高ですね!!

次の山行記楽しみにしてますネ。

それにしても、冬山を始めると、自転車同様いろいろな道具が欲しくなっちゃうんじゃないかな!?
でもその前に「三種の神器」は必携になってきますよ。出費がかさんじゃう・・・。

そのうち山スキーやり始めたりして・・・

投稿: ゲンゴロウ | 2011年2月 4日 (金) 12時51分

ゲンゴロウさん、こんにちはぁ。happy01

ビーコン、ゾンデ棒、シャベルですかね?
合ってます?^^;
何かあれば多くの人に多大な迷惑が掛かってしまう遊びですから、
危機管理については真剣に考えなければなりませんね。
家族への責任の為にも、
常に心して行動に当たらなければならないと思っています。
これより上のレベルを目指すには、逃げられない問題ですね(笑)
お金掛かっちゃいますねぇ。
山スキーはまだ手が出ませんcoldsweats01
いつかはゲンゴロウさんの様に山を駆け巡る実力を身に付けたいです。

さて、次はどこがいいかな~。^^

ありがとうございまっす!happy01

投稿: Fumi | 2011年2月 4日 (金) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550090/50760328

この記事へのトラックバック一覧です: 新雪たっぷり取立山:

« 1月の総括 | トップページ | 赤鬼撃沈 »