« 春が盛り | トップページ | 金沢で目覚め »

2009年4月30日 (木)

金沢へ

ゴールデンウィークの狭間に有給をもらった。

今日は平日。多くの一般人は仕事。

朝、子供達を学校へ送り出してからゆっくりと家を出る。

九頭竜サイクリングロード ~ 五松橋

Cimg4094

~鳴鹿堰 ~ (県)17号 ~ (県)112号 

荒土、野向を経て栃神谷でR157に乗り、北谷方面へ上る。

ここからはキツイキツイ登りが続く。

ボトルのドリンクが無くなってしまったので、

東山いこいの森を過ぎた「いわな屋」の駐車場に入り自販機で補給。

一気に県境の峠まで上がる。トンネル手前で記念写真。

Cimg4097

ココまで福井県。トンネル抜けたら石川県。

快調な下りで白峰村へ。

が、快調なのはこの辺まで。

手取川ダムのダム湖に沿って走る一本道のR157は、

とにかくトンネルの連続で危ない。

見通しが悪かったり、余りにも暗いヤツは、

歩道?的な路肩の段差上を押し歩きするが

幅がギリギリな上に、掃除などされていなさそうで

色々な物が堆積している。おまけにトンネル内の漏水でぐちゃぐちゃ・・・。

さらにこの部分は必ず側溝上になっており、所々フタが抜け落ちていたりする。

ダム湖を抜けるまで、想像以上に時間がかかり、

精神的にもかなり削がれてしまった。

ダムから一気に下り、「道の駅瀬女」で休憩。

丁度お昼。

レストランか売店は・・・と・・・休み!!

仕方なく手前の個人の店?でソフトクリームを買い、

カロリーメイトをつまみに食べる。

しばらくR157を下ると自転車道「手取キャニオンロード」に乗ることができる。

鉄道の廃線跡を利用した道で、

以外に一般道との交差点(踏切跡)が多く、注意が必要。

ペースも余り上がらない。

結局、その場のカンで、併走する一般道を使ったりした。

途中、手取峡谷が有るが、自転車道からはあまり眺望箇所は多く無い。

Cimg4100

加賀一の宮を過ぎてから、鶴来街道へ入る。

鶴来の街中は、古い時代の雰囲気が感じられて中々良かった。

インターロッキングかレンガ張りの様な舗装は、長距離後のお尻にはキツイが。

山に沿うように四十万まで走り、山側環状に乗る。

途中で寺町方面へ折れ、一気に金沢の街を横断し、ひがし茶屋街。

Cimg4104

ぶらぶらした後、国道を挟んで北方面へ行き

Cimg4106

Cimg4110

「あめの俵屋」で土産を買い、主計の茶屋街へ。

Cimg4114

「暗がり坂」は丁度日の差し込む時間で明るく。

武蔵ヶ辻、近江町市場を経て香林坊~長町武家屋敷街へ。

Cimg4119

その後、犀川を渡って、にしの茶屋街へ。

Cimg4121

甘納豆「かわむら」でお土産を3種類程買う。

向かいの「検番(芸妓さんの事務所?)」からは稽古の三味線の音が聞こえる。

再び犀川を渡り、今日の宿へ。

快く、2階の部屋まで自転車を入れさせてくれた。

Cimg4122

堤防上のようなロケーションで、目の前が犀川の河川敷。素晴らしい。

Cimg4124

着替えて、軽くシャワーを浴びてから、中心繁華街へと歩くが、

長距離を走った後なので、体や足の裏がふわふわするような変な感じ。

街の雰囲気を堪能したら、簡素な食事を済ませて宿へ帰る。

カウンターの女性(宿の方)に近所の銭湯を教えてもらい向かう。

完全にネイティブな人々のエリアだ。下町。

ケロリン洗面器。鏡の手書き広告。

客3人。

一日の疲れをゆ~っくりと取る。

そしてまた、ふわふわと宿へ戻る。

まだ7時位だった。部屋に荷物を置き、1階のカウンターへ。

客は私一人、女性に生ビールを注文する。

カウンター内が一段低く、その向こうはガラス張りで犀川。

その向こうには寺町方面の一段高い町並みが見える。

いつもと同じ様に自転車で走ってきただけだが、

今日は完全に「あ~・・・。旅だ。」と思った。

呑みながら色々話していたら、

今日はこの後、宿の常連が3人程ココに集まって飲むから

「ご一緒に」とのこと。有難くお誘いを受ける。

9時近くになってようやく1人が来られ、

いったん部屋に上がり、シャワーを浴びて降りてくる。

(あ、そうか、今日は平日だ。みなさん仕事の後か。)

差し入れのお料理を勧められながら呑み、話をしていると

なんと、この方も福井の人だった。

その内更に2人増え、宿の女主人、働いておられる女性と

皆で呑み、更に楽しく過ごさせていただいた。

Cimg4129

Cimg4131

途中、女主人がシェイカーを振ってマティーニをサービスしてくれたり、

わざわざ特別なグラスを出してきて、ワインまで「オゴリ。」と・・・。

本当なら仲良しだけで過ごすお時間だったのだろうが、

よそ者の私を、快くお仲間に入れていただき、

料理やお酒までご馳走になってしまった。

本当にありがとうございました。

良い思い出ができた。

日付が変わる一歩手前で部屋に上がり、瞬時に眠りについた。

|

« 春が盛り | トップページ | 金沢で目覚め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550090/47048156

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢へ:

« 春が盛り | トップページ | 金沢で目覚め »